<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フローズンヨーグルト (2)
主人が現在製法や機械をあれこれ考えているフローズンヨーグルトですが
早くても完成は来年の夏以降になると思います。

主人がフローズンヨーグルトを作りたいと思った理由はこの二つだそうです。

 ① 毎年の大人でも食欲がなくなるほどの猛暑日々、特に子供が
   さっぱりと食べられてかつ栄養にもなるデザートを作りたい

 ② 人気のフローズンヨーグルトの製造メーカーはいくつかあり
   それぞれの魅力があるけれど、どうもヨーグルトそのものよりも
   トッピングするフルーツやフレーバーに力が入っている気がする。
   自分としては乳酸菌数も発酵乳の基準値を大きく上回る「氷菓」ではない  
   狭義の意味でのフローズンヨーグルトを小規模でいいので作りたい


何となくわかります。多分現在そこそこ有名なフローズンヨーグルトが牛乳などには
こだわっても酪農家の手によるものではないので、もう一つ原料のヨーグルトから
伝わってくるものが希薄な感じは私自身もするからです。

季節限定なので、同じ市内で無農薬でブルーベリーを作り出荷している主人の
中学以来の親友の作るブルーベリーの使用も考えています。
製造まではまだまだ研究途中ですがあわせて夢を見る時間も楽しんでやって
もらえれば何よりです。
 

フローズンヨーグルト
ちょっと遅れての母の日のプレゼントに主人がスノーラのフローズンヨーグルトを
取寄せてくれました。スノーラはアメリカに本社を置くメーカーで日本橋の
三越などで店舗展開をしています。

スノーラHP

無脂肪加工した群馬県の嬬恋村産の牛乳を二種類の乳酸菌で発酵させた
ヨーグルトを冷凍し添付のフルーツソースをかけて食べるデザートですが
さっぱりととてもおいしかったです。無脂肪乳ベースなので若干冷凍すると
固さを感じますが個人的にはもう少し乳脂肪分があればベターという感想です。

実は実現するとしても早くて来年の夏になりますが、主人は夏の三ヶ月の間限定で
フローズンヨーグルトをごく少量ですが作りたいという希望を持っていて
機械のカタログや凍らしてから添付する形の乳酸菌などの資料を少しずつ
始めています。このスノーラのフローズンヨーグルトの取寄せも参考資料としての
役割を兼ねています。

機械ですがレストランのデザートを作るサイズのエフ・エム・アイ社製のものを
検討しています。仕様としては下記の通りのごく小型のものです。

HTF-6N
電 源 100V 50/60Hz
電 流 12.5/9.5A
消費電力 750W
冷 媒 R404A 225g
製造能力 0.8~1.5L(0.9~1.7kg)/1バッチ
連続製造能力 1.5L(1.7kg)/15min(ミックス温度4℃)

フローズンヨーグルトは保健所によると乳酸菌数が発酵乳の基準なら
従来のヨーグルトの製造許可基準のもとで行えます。それ以下だと
アイスクリーム基準になり検査等厳しくなるので、原料は普段作っている
ヨーグルトですがさらに添付形の乳酸菌の使用ということになると思います。

一つの商品を開発するには試作を重ね検査を受け、さらに容器の選定等やるべき
ことが山積みですが、主人は強い意志があるようですし、彼は確かな味覚を
持っているので世に出す以上はそれなりのものを作ってくれると思います。

私は28日に東京に出張してずっとお世話になっているバイヤーさんにお会いし
ついでなので東京から吉祥寺に足を伸ばし小規模ながら圧倒的な人気を
誇るフローズンヨーグルトの専門店ウッドベリーズに行き店頭で食べながら
味をしっかりと記憶してこようと思います。
妊婦は特に!生肉に注意
去年の焼肉店での死者の出る食中毒を受けて生レバーや生肉の飲食店での
提供が禁止されるようになりましたが、やはり焼肉店では人気メニューのようで
生レバーの提供を認めるように一部の焼肉店では要望を出したそうです。

冷たい言い方ですが、本人がリスクを承知でそれでもどうしても食べたいと
いうことなら食中毒になろうが命を落そうがそれこそ自己責任だと思いますが
妊婦は胎児の命と一生の健康がかかっている以上安易な気持で生肉を食べない
ことをお勧めします。おせっかいは百も承知ですが。

今年の2月26日の毎日新聞の記事です。



食中毒菌「カンピロバクター」による母子感染で、新生児が髄膜炎を発症したと
みられる例が報告されている。妊婦が生レバーを食べていたケースが目立つ。
肉などを食べる場合、十分な加熱調理が」必要だ。

関東地方に住む女性(29)は妊娠30週(8カ月)ごろ、飲食店で生レバーを食べ
翌日に下痢の症状が出た。その6週間後、不正出血があり、産婦人科医院を受診。
胎児の心拍を示すモニターに異常がみられ、緊急帝王切開になった。生まれた
男児は呼吸状態が悪く、すぐ群馬県渋川市の県立小児医療センターに搬送された。
検査の結果、男児は髄膜炎と診断され、血液からは「カンピロバクター・フェタス」が
見つかった。複数の抗菌薬の投与で菌は消えたが、脳性麻痺等の障害が残った。
 中略

同センター新生児科の丸山部長によると、カンピロバクター・フェタスによる新生児
髄膜炎は1962年に海外で報告され、国内でも過去約20年で23例が報告されている。
うち12例では母親が妊娠中に生レバーなどの生肉を食べていた。丸山部長は
「大人は胃腸炎程度で済んでも、菌が血液に入って胎児に感染すると脳に重い
障害を残すことがある」と警告する


記事中の小児医療センターは私の地元にあり息子が小さい頃は特に夜間の
高熱や嘔吐でお世話になりましたし、部長にも診療していただきましたので
余計にこの記事がリアルに心に響きました。

妊娠中はどうしても母体の抵抗力が落ちるので思わぬ感染症にかかる
ことは決して珍しくありません。それだけに余計に食中毒にも神経を
払うべきでどんなに好物でも焼肉店等で生肉を食べることは我慢した
方が賢明です。赤ちゃんの一生を左右するような後遺症が最悪発生する
リスクがあるということは心に留めて欲しいなと思います。

こういう生肉についての注意は自治体や産科の母親学級できちんと指導すべき
重要なことでしょう。子供が健康に産まれて育ってゆくためには
立会い分娩がどうの生まれてから母乳で育てましょうなどのことより
ずっとすっと大切なことです。

放射能対策についての一文
先日の商談の際、先方のマネージャーに提示した放射性物質対策についての
データ開示と取組みについて、信頼できる生産者という過分なお言葉を頂きました。

参考のために対策に関する一文を掲載させていただきます。
(これに今まで受けた検査結果や市が発行する線量マップを提示しています)


      ベーベ工房の放射性物質対策

私どもは平成23年3月11日の大震災及び福島第一原発の事故以降
所属組合(年赤城酪農業連合組合)及び群馬県畜産課の指導
及び検査については自主判断に基づき飼料・牛乳及び製品の
管理について次のように取り組んでおります。

1  3月の原発事故の後遅滞なく組合と県の家畜保健所の
指導により、三月~五月に刈り入れた牧草については東京電力に
補償を求めるためロールにして給与はせず、6月以降順次畑や堆肥の
放射性物質が不検出という結果を受けて飼料トウモロコシや牧草の
作付け~刈入れ・給与をしております。
 
2 放牧についてですが私どもの牧場はパドックがありませんので搾乳牛も
育成牛もすべて屋内での飼養になっております。

3 群馬県及び組合で定期的に原乳の放射性物質の検査を行っておりますが
この地域はすべての回で不検出となっており、また個人で独自に
定期的に検査機関に依頼して行っている製品(ヨーグルト)及び
堆肥の検査結果も別添の資料通り不検出となっております。
(この自主検査は来年も定期的に行ってゆく予定です)

     以上ご報告申し上げます。


一時ほどの過剰反応は影を潜めましたが生産者としての知識や
取組みを示すためにもしばらくは検査結果を公表したいと考えています。
美味しければ結果として支援する
GWが終わりました。今年はいつになく荒れ模様の天気の上に学校の宿題が
どうよ?と思うほど出たこともあり(一部適当にはしょらせましたが)
遠出はせず美味しいものを食べてのんびり過ごしたGWになりました。

私の友達は定期的に被災地の特産物を詰め合わせたセットを被災地支援として
購入しているそうです。もちろん美味しいものも入っているけれど中には
特産物過ぎてどうにも口に合わないものも入っていてそういう時はボランティアと
思って我慢すると言っていました。

私は特に被災地支援的な活動はしていませんが、現在に至るも安全性が証明されて
いるものであれば一部の消費者のように「東日本のものはだめ」「福島のものは嫌」
などの消費行動は一切していません。それどころか安全性が証明されたもので
あればおいしければ福島のものも積極的に購入しています。

ある中堅スーパーでは売場に定期的に放射性物質の検査結果を公開して
積極的に宮城県産の牛肉や福島県産のブランド鶏肉を販売しています。
この鶏肉は多少の割高感はあるものの、さすがにブランド肉だけのことは
あり非常に美味しいので店に行くたびに購入しています。
また他の店では安全証明付きで小さい会社のものですが福島の実においしい
キムチを販売していてこれも時々購入しています。そして以前も書きましたが
原料米こそしばらくは山形で作ることになったそうですが、相変わらずあの
おいしい福島の料理酒は愛用しています。

あくまで私の流儀なのでそれを人に押付けるつもりはまったくありませんが
安全が証明されているということが大前提にせよやはり他では代用できない美味しさ
を持つ食べ物であれば私的にはまったくノープロブレムです。息子にも普通に
食べさせています。美味しい食事は子供の健康に欠かせませんから。
その代わり農薬や添加物についてはチェックしています。

美味しければ買う。それが結果的に被災地の支援に貢献しているので
あれば同じ食に従事するものとしてこれに勝る喜びはありません。

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。