<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報発信は自分を守る手段にもなる
昨日届いた水牛牧場応援団と称する方のメールはいろいろな
ことを考えさせられ、ちょっとストレスで体調を崩しました。
今後きちんと連絡先を知らせて下さらなければ対応は
できないと返信させていただきました。

水牛牧場関連の記事はこれで最後にさせていただきますが多くの
ことを考えさせられたので思うところを書きたいと思います。
その方のメールを読むと水牛牧場の方ご自身が非常にお辛い状況
であることは承知していますが、ムッチーさんやウロンコロンさん
(お二人とも愛情込めて育てた牛がワクチン接種をして殺処分を待つ状況です)
のように毅然と情報発信をすれば、あらぬ噂を立てられることがなかったと
思います。発症当時のこと、飼料のこと、牧場のこと、噂に対して意見
それらのことを毅然とHPで書いて発信すればよかったのだと思います。

それにつけても思ったのが普段何気なくブログに書いている仕事の
ことや食に対しての考え方をささやかでも発信していることが何か
あったときに自分の信頼を守ってくれる最強のツールにもなるということです。

根拠のない噂や風評被害は無責任なメディアによるところも大ですが
普段からきちんと日々の仕事の取組みや何を考えて何を大切にして
仕事をしているかを小さなブログだとしても発信していることで
少なくとも読む人が読めば「この人はモラルのない行為はしない」と
思ってくれる一つのきっかけにはなるでしょう。

自分の2年半のブログを読み返しても、もうすぐ出産予定のジャージー牛の
ちろりが2年前に生まれたときのことやその当時の異常な飼料の高騰のこと
東京に営業に行った話、病気で保育園を休んだ息子を抱えて仕事が大変だったこと
など「あの時はこんなことを考えて仕事をしていたんだ」と自分の思考プロセスを
整理するきっかけにもなり、読者も少なくとも私たちが牛を健康に飼うことを
基本にベーベ工房の製品を作っていることはご理解下さる内容だと思います。

たかがブログ、されどブログです。
仕事関係のブログは気負わず、でも心を込めて読者が飽きずに
読んで下さる表現で、そしてあまりにも頭の程度と常識を疑われる
内容は書かないことが大切です。日々の積み重ねはいざとなると
自分の信用を守ってくれます。それは豪華な設備以上の財産になるはずです。

ぼちぼち更新

お知らせです。宮崎の一斉殺処分や非難させた種雄牛の発症は
群馬の私にも恐怖とショックを与え神経が疲れきっております。
でも仕事は緻密にこなさなければならず、息子の発表会もあります。

当分こちらはゆるゆるとした更新になります。
プライベートブログは日々のことを綴ってゆきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

宮崎はもっと辛いのに申訳ありません。


お知らせ
先日も同じような記事を書いたばかりで恐縮ですが
ブログの内容についてお知らせいたします。

女子プロゴルファーの横峯さくらさんが宮崎に自宅があるという
ご縁から口蹄疫について心を痛めご自身のブログで農家への
気持ちを述べた上で、先日の獲得賞金1200万円を宮崎県に全額
寄付されると書かれていました。また今後終息まで継続的に
支援もなさりたいと彼女の素晴らしい人間性が伺える決意を
書かれていました。発信力のある方が口蹄疫の問題を真摯に
発信して下さる事は非常に大きな意味を持つと思います。

下記のエントリーでも書いたようにようやく全国紙や報道番組でも
口蹄疫の問題を報道するようになりました。

上記のことを熟慮した結果、私のこのブログでは今後独立した
エントリーとして口蹄疫に関する記事を書くことを控え
私の日常の日記の中に触れる程度にとどめたいと思います。

理由はいろいろな情報が錯綜する中、群馬の一酪農家にすぎない私が
却って無責任で偏った情報を書いてしまう懸念を感じたからです。

また口蹄疫のことを書くとニュースソースも明らかでないまま
無責任に政治問題まで触れることになり非常に自分が無責任に思えました。


また、先日のエントリーが大きく取上げられて多くの方が
口蹄疫という単語から訪問下さり、重圧も感じてしまい
本来の発信すべき情報が私らしいリズムで書きにくくなり
ジレンマを感じたこともあります。

一酪農家として終息まで宮崎の仲間たちのことを
真剣に考える気持ちは変わっておりません。
群馬の一酪農家としてベーベ工房のおかみさんとして
真摯に仕事に打ち込み、自分の本分を尽くすことで
畜産農家へのご理解をいただけるような日記を書いて
ゆきたいと思います。

どうぞご理解をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。



お知らせとお願い
宮崎の口蹄疫の感染拡大は現地の畜産農家の苦しみを思うと
軽々しく口にすることが憚れることは十分承知しておりますが
畜産農家として一日も早い終息を心より願っております。

その上で、なのですがこのブログは私の仕事の備忘録や
ベーベ工房のお客様に情報発信する場でもある関係上
今までのように食のことや製品のことも書いてゆきたいと思います。
特に宮崎の方がお読みになった時に、そのあたりの事情を
「自分は群馬でのんびりしている」と
不快にならないでいただければと願っています。
お察しいただきお許し願えれば幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


            ベーベ工房  けい
ネtット通販について
1月にこのブログの中で無料のショッピングカート機能を使って
ネット通販をできるようにしたいと書き、お問い合わせも頂きましたが

現状では、諸般の事情で凍結状態です。
いろいろな問題がクリアできそうだと確信できればやるつもりです。


理由はただひとつ。
仕事とプライバシーの利益衡量の問題です。

ネット通販をされる方ならご存知と思いますが、安全で円滑な取引の
ために顔を合わせないネット通販では「特定商取引法(通販法)に
関する表示」ということでこちらの住所や電話番号を全て公開する事に
なります。仕事場と住居が分かれているなら問題がありませんが
住居兼用なので息子もいる以上安易に公開してよいものか再考しました。

たまにこのブログのメールフォームからお問い合わせやご注文を
頂きます。ほとんどの方はネットマナーを考えてお問い合わせいただくので
感謝していますが、先日ご本人が読んで連絡を下さったのですぐ削除した
記事に書いたようにこのブログを読んで「同業者なので話したい」と他の
サイトで電話番号を調べて夜の9時過ぎに電話をかけてこられたちょっと
常識のない方もおられて怖くなり、どれだけ反響があるかも不明なネット通販と
個人情報を公開することの利益を比較したのです。

(この日ニフティの検索で検索ワードにこちらの電話番号が公開されていたので
 削除依頼をニフティに出しすぐに対応していただきました)

もちろん住居兼用の情報を公開してもトラブルなくネット通販を
運営されている方も多いのであくまでも個人の判断ですが迷いが
あるうちは強行しない方が良いと判断しました。

私は京都で言うところの「心安う」暮らすことを旨としています。
京都の小さな宿は常連客しかとらないところも多いのですが
多くの理由は職住が同じ場所なので、安心して生活したいと
いうことらしいです。

先日の電話事件などがあると私生活の他愛ないことは別の
ブログにして良かったと思います。こちらのアドレスは仲の良い方に
個別にお教えしています。理由はあちらで仲良くして下さっている
お友達に万一迷惑がかかってはいけないこととこちらは純然たる
趣味や日々のことの日記で他愛ない内容だからです。

心安う暮らして良い製品を楽しく作ってゆきます。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。