<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長く続く店を見極めたい
ベーベ工房の製品は直売方式ではなく、食の安全とおいしさにこだわった
スーパーやオーガニックスーパーに納品して扱っていただいています。
そのため置いていただくお店を選ぶこととには非常に神経を使ってきました。

特にどこを見るかというと

  ① 一過性のブームに乗った店舗ではないか
  ② 経営者のポリシーがしっかりしたものか
  ③ 無理に店舗を増やす拡大路線を取っていないか
  ④ 過剰にマスコミがほめそやす記事を出していないか

などを実際に行ったりHPなどで判断しています。
特に③の店舗拡大ですが、会社の財務諸表を見なくても漠然とでも
その会社の経営規模や売上げからあまりにも地価や家賃の高い地域へ
出店している(予定も含め)場合は、現在の経済情勢では取引を
考え直すようにしています。私は会社員時代に財務畑にいたこともあり
かなり慎重な性格で「何億円融資してもらったから有望な会社」とは
思っていません。逆に返済が焦げ付いたらどうなるかと心配します。

長く続く店かどうかを見極めないと最悪は倒産されて代金回収ができませんし
そこまでいかなくても売上げが伸びなかったり、関係がぎくしゃくして
こちらの方針を変更せざるをえなくなります。私たちが経験した一例を書きます。

もう10年近く前に業界では有名なオーガニックスーパーと
取引していました。始めた当初は有名なオーガニック宅配会社の直営
でしたが途中でその業界では有名な超個性的な社長の会社に移譲されました。
本社事務所はどうみてもアパートレベルの部屋なのにアエラや朝日新聞にまで
「右肩上がりの成長の会社」と出ていました。そのうちに港区の森ビル系列の
豪華なビルにまで出店しましたが注文数は一向にふえないまま。
いろいろなトラブルが起るようになり取引を2年でやめました。
どうみても疑問があったのでこの会社を絶賛した記事を書いた朝日新聞に
質問したところ記者が「仰るように私どももある意味で嘘の資料を
見せられていたと思います」と取材ミスを認めておられました。
この事件以来、私はまるで提灯記事のように褒めている記事よりも
自分のカンと自分なりに蓄えたデータで長く続く店を見極めるようにしています。

長く続く店の特徴は(取引先に限らず)

 ① 社長以下スタッフがやる気があり、経理がきっちりしている
 ② レストランなどではノウガキより居心地が良く日本人の味覚に
   合った料理を供してくれる
 ③ 代々家族で経営が受け継がれている
 ④ 一言では言えませんが社長などのブログや言動が
   やたら騒々しくないこと。

長く続くためには自然体でいられることも大切です。
私にとって大切な分野の仕事のことで、つい長くなって申し訳ありません。
 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。