fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
なのに 〇〇 という心理
アエラに連載されているローソンの新浪社長のQ&Aコーナーが好きです。
今週は「値下げは嬉しいけれどどうやって価格を決めているのか」という質問でした。
それに対し、新浪さんはローソンは原則的に低価格競争には参加しないと明言。
大切にしているのは数字よりお得感だと答えていました。

彼はいくつか例を挙げ、700~800円相当の栄養バランスも見かけも高いレベルの
お弁当を500円でローソンで売ったところあっという間に100万食が完売したり本格派の
デザートを150円で売ったところこれも大人気で「150円なのに本格的」という声が
多かったそうです。
この記事で大きい活字で出ていたのが

  なのに 〇〇

という表現。これが人の心理をくすぐるサプライズだそうです。

私も買い物好きなので品質と価格に関しての魔術のような心理はよくわかります。

    3000円なのにさすがにDCブランド服 (フリーマーケットで)
    シャネルなのに口紅が3500円で手頃
    有名レストランなのにランチが1500円で良心的

という「当たり」がある反面

    どうみても子供のプールバッグなのに50000円 (シャネルのビニールバッグ)
    どうみても普通の味なのに600円は高すぎ (物産展で買ったプリン)

というこの値段高すぎだろと思ってしまうものもある。懐具合は同じなのに
消費者心理は不思議です。新浪さんは「安かろう悪かろう」にならないように消費者が
賢くなって欲しいと結んでいました。

行過ぎた低価格競争は会社経営上も好ましくないし、どこかモノを考えず言えない
消費者を作り出してしまうと思います。例えばリーバイスの9000円のジーンズ
だったらちょっとほつれがあればきっと店に交換などを言うだろうけど980円なら
「まあ980円だからこんなものさ」と言わない人も多いでしょう。
100円ショップで買ったものがまずくても使い心地が悪くても、100円だからと
心の中で「チッ」と舌打ちして納得してしまう。私にも経験があります。
行過ぎた低価格は「安いから仕方がない」の消費者心理を生み出して
モチベーションの低下や品質を上げようという向上心を失わせるように思います。

期待以上のものを得て喜ばない人間はいません。価格イメージ以上の
味やサービス。新浪さんが率いるローソンだけでなくブランドを今後育てるのは
このサービス精神かもしれません。こんな製品がたくさん置いてある店は
たとえコンビニでも楽しいし安っぽくないだろうなと思います。

ベーベ工房の製品もそんな製品でありたいです。

 酪農家の製品なのにおいしくてオシャレ

気軽に買えて普通が素敵と思っていただけるように頑張りますよ。はぁと

 

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる