<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんな文章を書きたいか
ひとり言です。ひとりごと

手紙やメールやブログで(書式通りのビジネス文書は除く)みなさんはどんな文章を
書きたいですか?またどんな表現をしたいですか?

私は人の心に何かを感じさせる文章、時に感情を掻き立てるような表現の
文章を書きたいです。こちらの仕事ブログではできるだけわかりやすく正確に
事実を伝える目的があるのである程度抑制した表現を心がけていますが
私生活ブログは趣味や日常のできごとを心のままに書いているので表現を
あれこれ試しながらプチ実験をしています。

プロの作家でもないのに、と自分でも苦笑していますが自分のブランドの
製品を世に問う、ということはオーバーに言うとお客様の心を味や
パッケージなどの総合的な魅力で虜にすることだと思っているので
元々書くことは好きでもあるし感性を研ぎ澄ませるためにも大切にしています。

読む人の心を虜にするには形容詞や言い回しを選び抜き
ときには「くどい」表現をすることも必要だと思います。
この表現を選ぶという楽しみがあるから文章を綴る楽しみがあります。

文章は人となりを表す、と言われますが全く同感です。
豊かな感受性と生き生きした表現はその人を実際以上に魅力的に見せる反面
キャリアや肩書き以上にその人の真の能力や教養を白日の下にさらしてしまう
怖さもあるように思います。怖いけれど魅力がある。だから書くことはやめられない。

素晴らしい文章に触れることで文章力がアップするというのは本当だと思います。
文豪や有名な作家の文章に加え、私がその表現に魅了されいつかあのような
表現ができればと憧れている本があります。それはこの二冊。

 中村紘子 「チャイコフスキーコンクール」 (中公文庫 1991年)
 青柳いづみこ 「ピアニストが見たピアニスト」 (白水社 2005年)

奇しくも当代を代表する女流ピアニストの著作です。中村紘子さんは言うまでもない
大演奏家です。青柳いづみこさんは演奏と執筆どちらの分野でも一流の方で
この作品は芸術家は何を求めて苦しみ何を歓喜として生きているのか
表現することの真髄に触れることができ私をインスパイアしてくれる名著です。

小さな生活空間で日々を送るからこそ感じる表現することの快感。
その喜びをずっと大切にしてゆきたいと思っています。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。