fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
無料配布について思うこと
昨日、ふらりと出かけた農協主催の収穫感謝祭。
インフルエンザ流行の中でも大盛況で何よりでした。
特に無料配布や無料の試食のコーナーは相変わらず長蛇の列。
200円払っての名物のキャベツのつかみ取りは開始のずっと前から
ものすごい列でした。

私はよほど必要に迫られない限り並んで何かもらうことも買うこともしません。
忙しいことと、戦時中の配給米の支給でもあるまいし、という思いがあるから。

無料配布は集客の必須アイテムなのかもしれません。
私の度量が狭いことは十分承知しています。
でも、私は農業や食のことを理解してもらうためのイベントでやたらと
無料配布をすることには抵抗があります。
無料配布にはトラウマがあるから。以前書いたことがありますが2001年秋
BSE(狂牛病)騒動で感染牛を群馬県も出して、一時は牛肉が壊滅的な打撃を
受けました。年が明けて事態の打開のためJAが無料で焼肉などを作り
消費者に配布するイベントをしたところ、「牛肉は危ないから食べない」はずの
方々が来るわ来るわで。見苦しく何回も並んで食べた方も多くやりきれない気持ちで
心の中で思い切り悪態をついたものです。「さもしい」ってね。

化粧品を買ったとき小さなサンプルをいただくと嬉しいし、試食も好き。
でもイベントだからって何でも客寄せに無料配布をするってどうなんだろう。
子供に食育と片やスローガンを掲げながら、無料配布に子供がたくさん並んでいる
光景ってどうなんだろう。農家が汗をかき天候に振り回されてようやく収穫した
ものを簡単に無料で配ることが本当に農業への理解を深めるのか少し切ない
気持ちです。

きっとこういうことは経済効果云々ではなく個人の生きるうえでの美意識
なのでしょう。私は息子に無料配布でちゃっかり場所取りをする男には
なって欲しくない。だから私も整理券をもらって並ぶことはしません。

多少安く設定して対価をとって提供しても、消費者の心に届くことは十分可能です。
農家が一生懸命に作ったものにお金を払うことを教えることも立派な
食育ではないかしらん。そして何より無料配布目当てに来場する方は残念ながら
あまり消費者としては期待できません。これはあのBSEの時で身に沁みました。

きついことを書きましたが。収穫感謝祭は楽しいひと時でした。
販売コーナーで買ってきたものもおいしかったです。特に県産小麦の
ベーグルはおいしかったな。今度取り寄せできるか聞いてみるつもりです。
いろいろ書きましたが、今度は息子と行きたいです。
毒舌でごめんなさい。すなうさ照

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる