fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
エコナとトクホ
9月16日、花王はクッキングオイル・エコナの成分であるグリシドール脂肪酸エステルに
発ガン性疑いがあるという指摘を受けて当面販売を自粛すると発表しました。

花王HP

エコナそのものだけでなくエコナを使ったツナ缶やマヨネーズなども回収するそうで
花王だけでなく多くの企業が対応に追われています。

私はエコナなど効能をうたった食用油もそれを使ったマヨネーズも使ったことは
ありません。というか実はエコナの発ガン性を指摘する機関はこれまでも多く
ありましたし、何というか個人的に合成油の印象が拭えませんでした。

エコナの回収騒動の影響が大きいのは上に書いたように、人気商品だけに
それを使った食品が膨大な量になっているからです。
何せトクホつまり厚生労働省認可の「特定保健用食品」というも黄門さまの
印籠まであったので、多くの消費者がエコナは体に良い物と思うのが当然という
雰囲気がありました。

私はエコナに限らず特定保健用食品(以下トクホと表記)そのものに疑問を持っています。
一つの食品に薬でもないのに過剰に効能を求めることがおかしいと思うし
健康オタク的な価値観がどうにも合わないのです。
トクホの認可を取るためには膨大なデータが必要で、そのための費用も膨大な
ものになります。実際トクホの認可を受けた食品は大企業のものばかり。
(1991年にこの制度が始ってしばらくは申請数が少なく、国がヤクルトに働きかけて
 トクホの認可をとらせたというエピソードもあります)

最近は各地で食育や地産地消への取り組みも盛んで、伝統食や郷土食を再評価
する動きも盛んです。その一方ではトクホに代表されるバランス感覚を欠いた健康
志向があり日本で本当に豊かな食文化を自然な形で伝えてゆくのはまだまだ
難しいと思います。

食べることはバランスよく楽しくおいしく。本能に関わる部分だけに食べることの
感覚には案外と人間の本当の教養や聡明さが出るのかもしれません
ベーベ工房の製品も、肩肘はらず自然体な気持ちで楽しんでいただければ十分です。

私は食用由はナチュラルなものと決めています。昔ながらの製法で作られた油は
本当においしいし食卓を豊かにします。ゴマ油、イタリアのオリーブオイル。
変わったところではアングリア(イギリスの食用由メーカー)のアーモンドオイルや
ピーナツオイル。新もののオリーブオイルのおいしさは絶品ですよ。 

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる