fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
食の安全と食育と
先日、県から「食の安全に関する県民意識調査」(事業所用)」というアンケートが
届きました。項目もかなり多く専門的なものでしたが昨日投函しました。

アンケートの大半は添加物や農薬、BSE検査への意識など食の安全に関する質問
でしたが、最後の数問は食育に関するもので次のような項目がありました

    貴事業所では食育推進に関してどのような取組みをされていますか?

これに対して、私はブログなどで情報発信をしているが、特に食育活動はしていないし
今後の予定もないと書きました。

食育推進法が制定されて行政をあげての食育推進が盛んになっていますし
群馬県もそうですが、食の安全と食育が同じ担当部署になっている県が多い
からか食の安全と食育を一体化して考えているような印象を受けます。

アンケートの項目には食育活動の例としてイベントの開催や講師の派遣
はては教材開発などの項目もありましたが、これは大企業で広報活動を
兼ねた専門部署がないと実現が不可能なことだと思います。

思い切って書いてしまうと、私は食の安全を守ることと食育は全く別次元の
ことだと考えています。どちらの重要性も認めた上ですがそれでも食の
安全がまず第一、それを理解する環境作りの一つが食育かなと。

先日も書いたように小さな生産者は事故のない安定した品質のものを
コンスタントに供することがまず第一でこれがなければ食の安全も信頼も
成り立たないものです。この部分で一杯なので食育までは手が回らないし
そういう状態を恥じてもいません。もちろん息子には親として最低限の
食育らしきものはやっていますが。
私は法学部の出身なので、法律を見ると施行主体が誰なのか気になるのですが
食育推進法は特に書いていないのですね。まして生産者とは。(笑)

自分の生産物に対しては原材料から責任を持ち、求められれば説明責任を果たし
すべてのプロセスでモラルを持って作って売ること。これができれば生産者としては
十分だと思います。その努力自体が食育と言ったら自惚れすぎ?

それにしても各地で食育は盛んなのにあいかわらず牛乳とは口が裂けても
いえない低脂肪乳飲料が安売りされ、相変わらず食品偽装が後をたたない
のはどうしてなんだろう?不況の前には食の安全も食育もこの国では
吹き飛んでしまうのでしょうね。政権が変われば少しは変わるかな?


アンケート

これがアンケート。群馬県の食の安全への
 取り組みは全国的に評価が高いです。 



スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる