fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
先輩の励まし
最近、モッツァレラの技術にスランプを感じている主人。
暑い中、トウモロコシの刈入れもあり精神的に張り詰めています。
固いモッツァレラもあってご迷惑をおかけしてお詫びをして私もかなり凹みモードでした。
近く、チーズバット用のタンクの点検とアドバイスにベーベ工房のプラントを作った
技術者にも来て頂くことになりました。

私までチーズのことでどんよりモードになってしまい、たまには他の方のモッツァレラも
食べたくなって、主人が尊敬し何度もお話もしたことのある北海道のチーズ職人
アドナイの堤田さんに思い切って電話をかけオーダーをしてそして悩みを聞いていた
だきました。


チーズ工房アドナイ

堤田さんは酪農学園大学の先輩でもあり、結婚前から主人は親しくさせていただいています。
北海道の興部でチーズ工房を営む彼は、岡山の吉田さんに匹敵するカリスマ職人です。
現在は27才になられたご長男も立派に後を継がれて、以前より余裕を持ってチーズ作りに
打ち込んでおられます。

久々の電話でしたが、私がモッツァレラの悩みを打ち明けたところ

 ① うまくいかないこともある。休みたければ1回休んでリラックスすること

 ② 楽しくやれないと余計に悪くなる

と堤田さんの個性でもあるちょっとブラックなユーモアを込めて励まして下さいました。
さりげなくですが、カチョガヴァロなどの技術についても的確に助言をいただきました。
主人に伝えたところかなりリラックスしてくれたようです。
私も良い意味でゆるゆるになってしまい。  久々のゆるゆる感覚は
こんなに幸せなのかと驚いています。

堤田さんのお人柄もあるのでしょうが、80年代からのいわば日本のナチュラルチーズの
黎明期から本格的なチーズ作りに取組んできた職人たちは、同業者でも信頼できれば
技術的な助言も下さったりオープンマインドで接して下さる方が多いです。
みなさん個性もアクも強いけれど、心の優しい方が多いです。

チーズ作りは本当に奥が深い。その喜びも苦しみも知り尽くした先輩の励ましは
言葉にできないほどのエネルギーがあります。私はサポート役ですがそれを糧に
チーズに向き合おうと思います。

アドナイのチーズが届くのが楽しみです。日本を代表するチーズ職人のチーズを
みなさんにも是非食していただきたいと思います。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる