<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わらない物語
最近、10年後を見据えた取引先の新規開拓に没頭中。
10年間お取引していただいているお店もあり、まだ恵まれている方ですが
それでも中にはやむなくお取引を休止するお店もあります。
(売上げが激減しているわけではないのでご心配なく)

去年の秋のリーマンショックに始った世界的な大不況。
消費者はその直後から不況を実感していますが、納品する側としては今年の6月
以降の方が少しですが不況の影響を感じています。多分、決算を迎え具体的な数字が
上がり経営者もそれを見て取扱い商品を再検討しているのだと思います。
ベーベ工房も今までのように高級スーパー主体の取引にプラスαを考える時期に
来ているのかもしれません。

例えばリコッタチーズ。イタリア在住の友人の尽力で手に入れることができた
チーズ製造のためのカゴ。リコッタの外観が格段に美しくなりイタリア仕様になりました。
この外観なら、レストランでシンプルに野菜とオリーヴオイルと併せた前菜として使える。
そんな思いを共有してくれるであろうレストランをいくつかピックアップして営業にいく
つもりです。そして先日書いた老舗の百貨店への営業。

名のあるレストランに営業をする勇気を持てるようになるまで10年かかりました。
その自信を持たせてくださったのは今年からモッツァレラを納品させていただいてる
東京の人気無国籍料理店。ここでの好評は本当に大きかった。
輸入ものよりコスト高になる国内産のチーズをレストランで定期的に扱って
いただくには、コスト削減をしながら国産の酪農家手作りのチーズの良さを先方に
納得していただかなくてはなりません。これは作って1年やそこらでは無理なことです。
(始めてすぐのチーズのネット販売でレストランから引っ張りだことあると眉ツバと思う)
優れた料理人は自分の料理に輝きを与えてくれる安全な素材しか扱わないからです。

秋にイタリアに行ったら料理人の友人にもたくさんの助言をしていただくつもりです。
ベーベ工房の物語は次のステップが第二章。続いてゆく終わらない物語にするための
暑い夏を過ごしています。

息子のハトコがレギュラーで出場している甲子園。東京農大二高が初戦突破。
延長戦でヒットを打ち決勝のホームを踏んだのが彼。家中大騒ぎです。 


ベラ

生後半月の子牛のベラ。人懐こくて癒されます



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。