fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
女性の経営者
今日の日記はちょっと毒舌モードかもしれません。
なるべく抑制して書きますが、やっぱり毒舌かも。(汗)

最近は群馬でも女性の経営者や若手の老舗旅館の女将さんもふえて
ここ数年、私も何人かの方とお話しする機会がありました。
いずれも行政機関にも評価され、それなりに有名な方々です。

すべての方、とは言いませんがやり手として有名な女性経営者の中にはお化粧も
ファッションもかなり神経を使っているのに女性というより男性と話しているような気持ちに
させられる方も多いのが気になります。私より一世代上の方なら彼女たちが
お若い頃の社会の女性観を考慮すれば、それも仕方のないこととも思いますが
私より下の世代だと、少し違和感を感じるのが正直な感想です。

私自身、雇用機会均等法の恩恵もそれなりに受けた世代ですし幸運なことに
父親にも「女だから勉強するな」「短大で十分」とは一度も言われずリベラルな環境で
育ったので男女平等は当然のことと感覚レベルで思っています。
それでも違和感を感じてしまうのは

 ① 目の前のお客様のことより、行政に顔が利くとか補助金をたくさんつけて
   もらったとか経営者というより、まるで保守的な政治家のようなことが仕事が
   できることだといささか勘違いな言動

 ② 人的交流も大事な仕事でしょうが、お子さんもいるのにまるきり家庭での
    姿が想像できないほどのハードなスケジュール

 ③ 以前書きましたが、現場にはほとんどおられず携帯でしか連絡が取れないほど
   行動範囲が大き過ぎる

特に私が疑問なのが①に挙げた補助金をつけてもらうことを自分の能力のように
言われる方。壮大な夢を語るのは結構ですが、目の前のお客さんがお留守になって
いる方もお見受けします。補助金をつけてもらうには行政に顔が利くことが必要なので
行政とのパイプ(つまりコネ)を自慢される方もいます。
こういうことを私より若い方が自慢していると、おばさんを通り越しておじさんと話を
しているような気持ちになって何だか暗澹としてしまう。

昨日、片品のCou屋さんにおじゃまして短い時間でしたが心からくつろげたのは
お料理やお店のしつらいだけでなく奥さまの柔和でふんわりとやさしいお人柄に
よるところも大きかったと思います。久々に温かな気持ちになれた一日でした。

女性らしくということは自分らしさを忘れないこと。最近はそのように感じています。
自分が何に感動して、その感動をどうやって自分らしさに昇華させるか。
そうやって生きている限りは女性なのにオヤジと言われることはないと思っています。
毒舌日記をごめんなさい。 


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる