fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
ローカル牛乳
まこやんの日記にとても興味深い牛乳の話がありましたので引用させていただきました。

大沢牛乳

埼玉の小さな大沢牛乳の方が大手の牛乳より自然な風味でおいしかったとまこやんが
率直に綴っています。さすがにプロの酪農家。味の差は牛乳の殺菌方法の違いに
あると的確な分析が分かりやすく書いています。

牛乳の種類の話を少し専門的ですが書きたいと思います。
牛乳の殺菌方法はいくつかあります。

①一般の牛乳に多い130℃2秒などの超高温殺菌

②65℃30分などの低温殺菌

などが主なもので、市販されている牛乳の大半は①の超高温殺菌の牛乳です。

ここ10年ほど本来の牛乳の栄養や風味を損なわない低温殺菌牛乳も増えました。
(大手ではタカナシ乳業のものなど)タンパク質が熱で変性されていないので
焦げ臭がなく、さっぱりとして私はこちらが好みです。

群馬の東毛酪農のノンホモ&低温殺菌牛乳はとてもおいしいヨーロッパでも通用する
牛乳ですが、乳質そのものが高いレベルのものが求められます。
つまりリスクも伴うということ。個人的には埼玉のローカル牛乳のこの大沢牛乳の
ように85度15分の殺菌方法でも、一般的な超高温殺菌牛乳よりは自然な牛乳の
風味が楽しめると思います。

このあたりの技術的なことは主人が詳しいのですが、大手メーカーの大きなプラントでは
機械の構造上低温殺菌は難しいそうで、低温殺菌牛乳を製造している会社は比較的
小規模なローカルな会社に多いのです。(タカナシ乳業も低温殺菌牛乳は葛巻工場で製造)

群馬でも今やすっかり少なくなりましたが、伊藤牛乳や田中牛乳など昔ながらの
小さなプラントで製造しているメーカー(酪農家)もいます。このような牛乳は製造量も
少ないので地元の限定販売。病院や昔なら銭湯の売店とか。 

私もプロなので牛乳の殺菌温度の知識はあるけれど、75度でも85度でも好きだな
こういうローカル牛乳。こういうローカル牛乳を見かけると夏場意外は即買い!な私。
私にとってのジャンルは「ローカル牛乳」。それで十分。 

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

時間遅れのコメントでスミマセン。
自分の記事を引用していただき、ありがとうございます。

自分もちょっとローカル牛乳にハマりそうです。w

でも、85℃15分と言う殺菌の仕方は面白いですよね。
ちょっと工場見学に行きたくなりました。w
まこやんさま
ノンホモ&低温殺菌がベストとしても
それはそれなりの大変さがありますよね。
こうやって自分の技術的なベストを尽くしながら
超高温殺菌ではない牛乳を造る会社は
応援したいですよね。

アスパラの話には泣けました。e-259
酪農家ならではの野菜。
まこやんの地アタマの良さには感嘆しています。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる