<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マダムのお仕事
オーナーシェフのお店を切り盛りする女性(たいていはシェフの奥さま)のことを
マダムと呼ぶことが多いようです。旅館や料亭だと女将さん。
というわけで私も自称(笑)ベーベ工房のマダム。 

マダムの仕事と言っても優雅とは程遠く。(汗)
特に先日書いたように、新しい販路を開拓するときの情報収集や実際に先方に電話を
かけるときの恐怖に近い緊張感は今も変わりません。
ベーベ工房をよく知る方々には異口同音に「けいさんあってのベーベ工房」
と言っていただき、光栄ですがそれ以上の重圧は時に逃げ出したくなります。
それでも私が踏みとどまっているのは、生活がかかっているというあたりまえ
すぎる理由と仕事を通じて知り合った方々の応援があるからです。

私も含め小さな経営者の妻は、ただきれいで可愛い奥さんだけではすまない厳しさが
あることも確かです。特に主人がうちのように作ることが仕事の職人の場合は
作ることに集中してもらうため、営業や経理、企画の他経営の根本に関わることも
(相談しながらですが)ときに主人に代わって判断することも必要です。
それから特にお客さまあっての仕事の場合、取引先や周囲に自分から働きかけて
良好な人脈を作る度胸も求められます。マダムの仕事はやることが満載だ。(笑)

私は自分しかやる人がいないから、という受身きわまりないスタートでした。
日々至らない自分にいらついて勉強中ではありますが、ずっと心の支えとしているのが
この本。杉本苑子さんの名作「マダム貞奴」。

日本の女優第一号にしてオッペケペーの川上音二郎の妻川上貞奴の生涯を
描いた名作です。受身なスタートの貞奴のけなげな奮闘は何度読んでも励まされ
時にジンときます。あまりに女らしいけれどどこかけなげな貞奴。
ビジネス本ではないけれどマダムの原型がこの本はあるように思います。


貞奴

集英社文庫。私の所有する版は1985年の大河ドラマ「春の波涛」の
 表紙バージョン。中村雅俊の音二郎と松坂慶子の貞奴はイメージに
 ぴったり。これを買ったとき私は大学4年生。若かったなあ。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。