<<06  2017,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己流音楽療法?
5日に納車されたインサイト。ものすごく運転しやすく最高の乗り心地です。
前のブルーバードより若干車体が小さめなのも楽だし、さすがに燃費の良さは
素晴らしい。ガソリンの減り方が違うもん。 
ボディもカッコイイし、息子は保育園でも自慢しまくり。(爆)

何より幸せなのが音楽を車内で堪能できること。聴くという言葉ではもったいないほど
音響効果が良く私のオーディオ機器より音が素晴らしいです。
これまでがCD搭載の車ではなくアナログなカーライフだったのでよけいにエキサイト
しているのかもしれません。CDは10分も聴いていると自動的に録音されて次からは
CDなしで聴くことができます。

前橋方面に出かけるときは30分以上音楽を楽しんでいるのですが、これが意外な効果で
この一ヶ月ほどプレ更年期の影響と精神的ストレスでかなり鬱っぽい状態だった
私ですがかなり精神的に楽になり日々を楽しめるだけ回復してきたように思います。
専門家のいう音楽療法的な効果があったのでしょうか。運転という緊張感のある状態で
狭い空間で音楽を聴くという濃密さが私の感受性にマッチしているのかもしれません。
音楽好きな人なら特にクラシックなどで自分の感情を音楽に託して、音楽から慰めや
励ましを受け自分の感情を音楽に形にしてもらう至福の一瞬を感じたことがあると思います。

この上なくドラマティックなラフマニノフのピアノ協奏曲第二番。
バッハの端正で数学的な小フーガ。荘厳なプレリュードとフーガ通称「聖アン」。
これらは特に私の感受性を直撃。(笑)
私の車内オーディオコレクションは始まったばかりですが、これからも音楽を楽しもうと
思います。この時期に新車に乗ることができた幸運に感謝しています。


ラベック

本日の鑑賞予定がこのCD。ラベック姉妹をスターにした1980年代に発売された
ガーシュウィン。ラプソディインブルーの小粋さと、ピアノ協奏曲ヘ長調のメランコリック
な気だるさを堪能する予定です。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。