fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
素材への真摯な気持ち
今日のエントリーは読む方によっては私を生意気だと感じ、不快に感じるかも
しれません。お話をいただいた方に敬愛する気持ちが強いので、この数日
本当に苦しみました。申訳なく思いますが自分のために書きたいと思います。

先日東京での30~40人程度の群馬の食材を使ったパーティにモッツァレラと
リコッタ(リコッタはサービスでおつけしました)をご注文をいただきました。
主催者に当日の様子を伺ったところ、画像を添付してメニューを教えていただきました。
若い方の料理だと思いますがそこでのいくつかのレシピは個性がある、というより
奇抜なものばかりで驚きました。

モッツァレラは角切りにされサラミとクラッカーを並べた前菜に。リコッタはクラッカーに
塗るために使われたようでした。モッツァレラはもうひとつうどんを食べるために
アンチョビとトマトをあわせたソースの材料として。前菜はトマトくらい添えてあれば彩り
がよかったように思いますがサラミとクラッカーに合わせるとまるきり映えません。
そして群馬の有名な豆腐はプリンのような容器に入れてブルーベリージャムを添えて。
もち豚はローストしてスイカとバルサミコのソースで。という凄いメニューもありました。

私は料理は好きですし、素人の主婦としては本も読み今風のカフェメニューも
ある程度は理解しているつもりですし、現にお取引先の有名なカフェではイタリアの
メニューをヒントに「モッツァレラの天ぷら」が看板メニューになっています。
少々の個性あるレシピには驚かないのですが今回ばかりはショックでした。

多分、正統派のメニューが一皿もなくコース仕立てにもなっていないことも
あるのでしょう。それにしてもなんとも胸のざわつきで耐えられなくなり、昨日
10年間心を掛けていただいている有名な料理研究家の先生に電話をして30分ほど
貴重なアドバイスと励ましを頂いて心が落ち着きました。
先生は、去年ご自分が他県の食のイベントをされた経験を踏まえて

「県の食材のPRという趣旨のパーティは、食材が主役であるべきで主催者や
 料理人が自分を売り込む場所ではないことをわきまえるべき」

と仰り、私のことも「けいさんが嫌悪感を持ったのは、食材のことより自分を売り込もうとする
気持ちについてゆけないものがあったのでは」と正鵠を得た助言を下さいました。
そして生産者はレシピに疑問なら質問する権利があるとも。

超一流のプロだからこそ真摯に食材に向き合い、県の食材のPRということに心を配る。
先生のお人柄がうかがえる言葉に私は本当に救われました。
お忙しいところ本当にありがとうございました。

こういうことを書く自分にこそ嫌悪感を感じるのですが、経験も知識も全くない素人が
食の応援団を称しても未熟さが露呈して思わぬところで人を傷つけることがあると思います。
食や農業は本当にやればやるほど奥が深く、私も途方にくれることはしょっちゅうです。
ただ縁があるとかお金があるとか、人脈があるとかそれだけで食や農業に真摯に
向き合ってきた経験もない方が上からものをいうのはとても悲しい気持ちになります。
生産物も文章にも人柄や人生が現れるように、料理やレシピにもその人の人柄や
品格は必ず現れると私は信じています。

これが自分に言い聞かせることでもあると思っています。
不快な文章を申し訳ありませんでした。
明日からすっきりと書けると思います。今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

「素材への真摯な気持ち」そのお題の通り、
ひしひしと伝わって参りました。読んでいて感動しました。食とは、命の元です。これだけ、食に真摯に向き合っていらっしゃる方の生産された食材は、感謝して味わって頂きたい。そのまろやかな味わいは、私達を幸せにして下さいます。そんな事を改めて感じました。
れいちぇるさま
こんな愚痴日記に励ましをありがとうございます。
私もまだまだ未熟ですが、やっぱり食の仕事にも
適性があると思います。未経験や未熟はこちらも
育ててあげたいと思います。でもどこかで
「こうやって食のことも仕切れる私は偉い」と
勘違いされるとそれは違うと思います。
れいちぇるさまのお店のお品もプロが心を
込めてセレクトされたという心意気を感じます。
それだけに温かいお言葉に心から感謝いたします。
これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる