<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金と数字で測れないもの
食の仕事をやっていて感じることを少し。将来へつなげてゆく仕事にするためにも利益を
継続してあげてゆくことは重要だと認識していますし、そのために私も悩んで苦しんで
あれこれとちっぽけな努力を続けています。その上で、なのですが食を育ててゆくには
お金や数字では測れない目には見えなくても大切なものがあると思います。
私なりにそのような大切なものを挙げてみると(最低限のモラルは前提として当然)

    ① 何より食材や食べることへの興味
    ② (作り手も小売も)ある種の義侠心
    ③ デザインなど美的なことへの関心
    ④ 年齢相応な教養と寛容性
    ⑤ 食を単にビジネスとしてでなく一種の文化だと思う感受性
    
などではないかと自分では思っています。

私がずっとお世話になっているお取引先の社長は「本当に良いものを育ててゆくには
目先の利益だけではなく長期的な視野にたった愛情と忍耐が必要」と
仰っていますが、ベーべ工房に限らず小さな生産者のブランドはこのような生産者への
愛情と義侠心のある小売店やお客様がいるからこそ成長できたと思います。
優れたバイヤーたちに仕入れをするときに重視していることを伺うと異口同音に
前出の社長と同じようなことを口にされます。利益や数字はもちろん第一に大切な
ことなのですが、本当の食のプロになるにはそれらに加えてプラスαの部分が
欠かせないのだと思います。

自分なりのプラスαの部分を何も感じず、表現できない人間が食に携わると
食の世界はたちまち利益だけを追い求める人たちの草刈場になると思います。
まるで株式市場のような競争原理と金の力だけが支配する世界に。
生産者に限らず小売業者も流通業者も料理人も、一流の目を持った人々は
見境のないコストダウンや価格競争をさせたら安く食材を売るだろう、などと考える
人はいないでしょう。お互いの技術や誇りに敬意を払いそれに見合った価値を
認め、お互いが長く仕事を継続できるように心を配ってゆく。
たとえ非効率的なものであったとしてもそれこそが、まともな食や食文化
を支えて将来に繋げてゆくものだと信じています。

私は食の仕事をやる限りはこのような人々と幸せなご縁を築きたい。
望むのはそれだけです。
   
   
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。