<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俵屋旅館のこと
日本を代表する京都の名旅館俵屋。
俵屋は創業300年。現在の御当主の佐藤年さんで11代目。
佐藤さんは1932年生まれの女性当主でいらっしゃいます。

俵屋旅館

私はもちろん俵屋に泊ったことはありませんが、俵屋の経営するギャラリーで俵屋
オリジナルの石けんは購入したことがあります。
(お土産に差し上げたら、私が俵屋に泊まったと話題になり困りました。)
この石けんのデザインも毎日生けられる花を選ぶのもすべて佐藤年さんの手によるものです。

俵屋の石けん

ところで、お気づきだと思いますが俵屋にはHPはありません。
顧客を見ても古い時代は明治の元勲や外国の元首たち。
一見さんお断りではないにせよ相当な方々が顧客だということは想像できます。

そして俵屋の何よりの特徴はご当主の佐藤年さんは以前からお客の前に
姿を出すことがないことです。それだけでなく佐藤さんは対談などでも決して
写真は掲載されません。お客様に行き届いたおもてなしをするのは仲居さんたちと
男衆(おとこし)と言われる部屋係の男性で俵屋には女将はいないのです。
(従業員は佐藤年さんを奥様とか社長と呼ぶそうです)
でも俵屋のおもてなしの空気やしつらいは佐藤年さんの美意識に一貫して
支配されているのです。
(詳しいことは村松友視さんの著作「俵屋の不思議」でどうぞ。)

俵屋は日本一の旅館と言われます。佐藤さんは取材に対し良い旅館の条件として

 「安眠できておいしくて体に良いものを食べられること。清潔なこと。もてなしや
  雰囲気はその基礎の上にあること」

と答えられていてその堅実な基礎の上にあるアメニティーグッズなどのセンスを
思い出して唸ってしまいました。

サービス(物を売ることも含め)のために完璧以上の緊張感を持ち美意識を貫いても
絶対に本人は表に出ない美学。私は村松氏の著作をベーベ工房を始めた翌年に買い
折に触れて手にとってきました。たとえお客様の前に姿は出さなくとも、責任感と
美意識を持ち続けてサービスをしてゆくこと。
遠い世界の方ですが私は佐藤年さんのスタイルに大きな影響を受けています。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。