<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製品は自分の表現
去年からの生キャラメルブーム。
大手菓子メーカーも参入したようで、メーカーは見ませんでしたがコンビニでも売ってます。
最近はご当地ものとしていろいろな果汁入りのものも雨後のタケノコのように出現。

D-1ブログ「生キャラメル」

上記のD-1のまこやんのブログで彼は菓子パンにも生キャラメルが入っているのを見て
いささか便乗ブームに呆れていますが私も同感です。
はっきりいうと花畑牧場の生キャラメルが大ヒットして(この牧場についての過剰な批判は
コメント欄で行わないで下さいますよう)それに続いている状態が生キャラメルブームです。

大手菓子メーカーが便乗するならまだ仕方がないと思いますが、小さな生産者や
メーカーが目先の利益だけを追って生キャラメルブームに便乗している姿を
見るのはなんだか寂しいです。私は自分の製品は自分の分身であり自己表現だと
思っています。儲けだけを考えた猿真似のような製品は見る人が見れば
わかりますし、製品自体が消費者に発する力も弱いでしょう。

小さな生産者の製品開発は予算や人手などさまざまな制約があり簡単にいきません。
ベーベ工房も本当は熟成タイプのチーズを作りたいのですが、現在の目一杯の
状態ではままならずヨーグルトとモッツァレラチーズ、リコッタチーズのラインナップ
です。でもお客様にもう10年以上愛されている製品を作るため主人は毎回
新たな気持ちで自分を投影するかのように製造しています。

本当に作り手がまず自分の作りたいと思って手がける製品はたとえ素朴でも
人の心を捉える魅力にあふれています。そんな製品として私が挙げたいのが
長野のペンション「たんぽぽ堂」のご主人、吉田さんの作る山羊のチーズです。
定年後第二の人生を捧げて山羊を飼い手作りされたチーズ。

たんぽぽ堂


残念ながら現在はご主人が闘病中で製造はお休みです。
チーズ会社フェルミエのメルマガでこのニュースを知り本当に悲しかったです。
どうぞ一日も早いご回復をお祈りしております。そして願わくばこの素晴らしい
チーズに再び出会える日が来ますように。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

同感です。
けいさん自分の記事に共感していただきありがとうございます。
(それと、かなりコメントが遅くてすみません。)

けいさんの言うように自分も製品は『自分の分身』だと思います。
ま。流行に乗って作っている製品はみんなすぐ消えていくと思いますね。

製品の価値は、作り手がどれだけその製品にたいして愛情を注いでいるかですよね。

それは食べた人にしっかり伝わっていると思います。
まこやんさま
まこやんの感覚はとても健全で加工をする上でとても大切な資質だと思います。作ることは儲けることだけではできません。好きなものを作ること。それが国産の乳製品のレベルアップにつながると思います。お互いにがんばろうね。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。