<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乳房炎騒動
先日、初産でF1牛を出産した牛が難産で体力が低下したことが原因で重症の
乳房炎にかかり大変な思いをしました。1週間毎日、獣医に診察を受け何種類か
抗生物質を投与して昨日あたりからだいぶ食欲が戻りほっとしています。
この間、私がインフルエンザにかかり昼間に手厚いケアができないことで
何とももどかしい思いをしました。あのくらい重症の乳房炎なら正直いって老齢の
牛なら廃用にしましたがやっと初めての子供を産んだ若い牛。
こういうことを書くのは自分でもどうかと思いますが、子牛から手間をかけて
2年以上も育てた投下資本が頭をかすめました。

乳房炎にかかると抗生物質を使って治療するため、牛乳に薬の成分が出て反応が
ある間は牛乳の出荷はできません。酪農家にとっては収入に直結する非常に
やっかいな病気です。どこの牧場も乳房炎にかからないように努力はしていますが
それでも年間数頭の牛が乳房炎にかかっています。

特に急に暑くなる4月~6月頃は細菌の繁殖がしやすい上に牛も気候の変化で
産後の体力を消耗してこういう時期に一番発生しやすいのです。
特に黄色ブドウ球菌による乳房炎は性質が悪く食欲がなくなり高熱を発し
下手をすると命にかかわるので注意が必要です。

ベーベ工房の加工も忙しく牛の数を少し減らそうかと言うこともありますが
経済情勢が不透明な時期の上に、牛の予期せぬ病気もある。
計算どおりにゆかないのでなかなか牛の数を減らせないでいます。
ともあれ今回まだ若い牛が回復してきて本当に良かったです。
これからが夏本番。ベーベ工房も酪農も一年で一番神経を使う季節がまた
巡ってきました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。