<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェルミエ農家ギルドを作りたい.......
先日の食の本分のエントリーに対して専門家お二方からいただいた情報から
牛乳や乳製品の表示方法に何か抜本的な抜け道があるように感じました。

食の本分

 ① 自分で牛を飼っていなくても自分の名前を冠した牛乳を販売できる
 ② 材料から丸投げ状態で委託製造しても自分の名前で製品化

マスコミで取り上げて有名になると、消費者もさして表示を気に留めず物産展で
行列してお金が儲かる仕組み。現行では不当表示などにならないとしても本当に
酪農や乳製品に関心のある消費者はそれで満足なのでしょうか?

コメント欄でファームデザインズの社長に軽い気持ちで「本当に牛や家畜を飼って
その乳を使って自分の手で製造している農家がギルド(組合)を作ったら面白いかも」
と書いたら「ぜひやりましょう」とコメントをいただきとても嬉しかったです。
牛乳の販売や表示などは組合や農水省の思惑があるので簡単に表示方法を
変えるわけにはいかないのが現状です。でも少なくとも差別化されたローカルな牛乳や
ヨーグルトそしてナチュラルチーズをわざわざ選んで買って下さるお客様は、原料の
牛乳が誰の牛の乳で誰の手で作られたものかつまり工場に委託製造させたものでは
ないことを知りたいのではないかしらん?

あまりシビア過ぎなくてメンバーが楽しく情報交換やシールなどを通じて情報提供
できるようなフェルミエ農家のギルドができればいいなと思います。
メンバーの条件は

  ① 自分で牛などの家畜を飼っている
  ② その乳を使って自分の手で自分の工場で製造している

ということで。(笑)

差別化もブランドもまずは正しい表示で信頼を裏切らないことが基本です。
何が正しい酪農家の手作り製品か法律で規制できないなら、作り手が
消費者に示してゆくしかありません。正しく楽しくモットーにギルドを作りません?
なんちゃって...........。 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

実は私自身は酪農業に携わっているわけではなく、本業を別に持っているアマチュアです。
正直の所自分の逃げ場を持ちながら方々で発言している後ろめたさもありますが、掲示板運営をきっかけとして乳業界の現状に対する消費者側の問題意識の高まりを実感します。

今月1日に北海道の中標津で山本さんという酪農家の方の工場立ち上げで「養老牛放牧牛乳」というブランドが産声を上げましたが、実はその情報も掲示板の常連さんから頂戴しました次第で管理人冥利に尽きます(笑)
自家産の原乳を加工している北海道の酪農家さんでは、地元での戸別宅配や遠隔地への定期配達まで手がけている所もあり経営姿勢には頭が下がります。
また北海道に限らずファームデザインズさんや山本牧場さんのように、公式サイトやブログで情報発信をされている酪農家さんも多いですので、構想をお持ちのフェルミエ農家ギルドの輪は全国的に広がっていくのではないでしょうか。

なお「食の本文」でも言及していらっしゃる現行の牛乳・乳製品の生産地表示がかかえる問題点については、いずれ何らかの形でクローズアップされて表示義務が課せられていくのかもしれませんね。
牛乳・乳製品のトレーサビリティー制度はようやく緒についたばかりで、市販の牛乳では原乳の生産牧場の特定が困難なケースが依然多くを占めていますが、そうした表示方法のありかたに満足せず、信用できる銘柄を選択する消費者も今後増えていくことと思います。
ただ大手乳業のみならず零細乳業でも別に隠しているわけでもないのに、原乳の生産牧場について情報が得られるケースは自家搾乳のケースを除くとやはり稀です。

取り組みの遅れは乳業界全体にとって根深いようですが、零細乳業では契約酪農家が概して少数ですから、原乳の生産牧場を積極的にアピールしていくことが消費者の信頼を獲得し、引いては生き残りにつながると思います。
先年終了した乳業再編事業当時は原乳を外から買っていた乳業の方が自家搾乳のところより苦戦していましたが、近年は飼料費や燃料費の高騰で事情が逆転し、自家搾乳の乳業では牛飼い・乳処理の一方ないし両方をやめるケースが全国的に出ています。
年々シェアをせばめるHTLT・LTLTなどの殺菌方法を堅持しているメーカーは宅配を核した地元密着型の零細乳業がほとんどですので、消費者としては酪農家さんによる新規プラントを応援するとともに、既存の老舗ブランドも支持していかなければならないですね。

記事のご趣旨からは外れた内容も含んだコメントになりましたが、どうかご海容ください。
kazagasiraさま
コメントありがとうございます。
多分私よりずっと熱心に牛乳を考えておられるのでしょうね。
個々の牧場によって方針も価値観も違うのでまとまるのは大変でしょうが牛乳の
産地表示は早く整備して欲しいです。当面はベーベ工房として自分にできることで
頑張りたいと思います。個別の宅配までとは凄いですね。私は持病があり体の無理が
利かないこととまだ子供も小さくて家庭も大切にしたいのであまり外に出ての
活動は控えたいと思いますがここを拠点に必要な情報を発信できればと考えています。
これからも貴重な情報をご教示いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。