fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
おいしいもの好き
私が食に関する仕事をする方に求めるのは、まずおいしいものが好きという気持ちです。
食への好奇心と言い換えることもできますが、バイヤーさんとお話する時もまず先方が
商売や利益を離れても食べ物が好きかどうかだけはしっかり見るようにしています。
私自身はブログを読んで下さる方ならお分かりと思いますが、食べ物に対する関心は
好きを通り越してもはやマニア。(笑)元々好きだったこともありますがベーベ工房を
プロとしてやるようになったこともありおいしいものを食べたりお取り寄せしたり
プレゼントすることにも「仕事に必要」という大義名分までつきました。

というのは半分は冗談ですが、本当においしいもの、ロングセラーのもの
素敵なパッケージのもの、希少的価値のあるものを実際に手にとって食べることで
身につくものは本当に大きいものです。本や著名人の講演会などでは決して
感じることのできない感激や感動。私は若い時に(もちろん分相応な範囲で)
優れた芸術や学問にお金をかけると同じようにおいしいものにお金と時間を
費やすことは「生き金」だとさえ考えています。

「同じ釜の飯を食べた仲」という言葉があります。たとえ遠く離れて一緒にテーブルを
囲うことは叶わなくてもおいしいものが本当に好きな同士は不思議に心を通わせる
ことができます。考えてみれば人間の最大本能の一つが食欲。
そこを共有できる同士が感情を共有できるのは当然なのかもしれません。

昨日のエントリーを書きながふと思ったのは生キャラメルで巨万の富を築いたあの
タレントの「おいしいもの好き」という評判は聞いたことがないということ。
そういえば賞味期限を偽装していた有名料亭の社長もそう。
もしかしたら、分野こそどうであれ食のプロフェッショナルに必要なのは専門知識や
技術以前に純粋に「おいしいものが好き」という気持ちなのかとも思います。
私は今後仕事でスランプに陥ったとしてもこの気持ちだけは大切にしたいです。
しようと思わなくてもできるとこれだけは断言できるかな。(笑)
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

趣味は仕事にしない、という考え方もありますが、僕は趣味と実益を兼ねているいまの仕事が好きです。おいしいものをいただいて、それを仕事に還元して、またさらにお客さんに喜んでもらえる仕事、素晴らしいと僕は思います。
takaさん
コメントありがとうございます。
音楽などの芸術関係は趣味を仕事にすると
辛いと言いますよね。食もそうだと思いますが
それでもおいしいものを食べて作って喜んで
いただくことは芸術よりは成り立ちやすいと
思います。takaさんもそのお一人だと拝察しますが
おいしいもの好きな人に「こういうおいしいもの
があるけどいかが?」と言うと変な遠慮をせず
喜んで下さる方が多くすごく嬉しいです。
そして今度はその方がおいしいものを下さって
交流が深まったり。(^^)
本当においしいものが好きで情熱を傾けられる
人に悪人はいないと思う私は楽天的
過ぎるでしょうか?
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる