<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小岩井の生乳100%ヨーグルト
ベーベ工房のヨーグルトは生乳100%のヨーグルトです。
その大先輩にあたるのが1984年以来のロングセラー、小岩井乳業の生乳100%
ヨーグルト。あの三角の容器をスーパーで見たことや実際に買われた方も多いでしょう。

小岩井の生乳100%ヨーグルト

小岩井さんのこのサイトを見ると、ベーベ工房のヨーグルトも同じような苦労をしながら
開発し、牛乳の成分を四季おりおり注意深く見守りながら作っていることに改めて
感慨を覚えます。特にこのサイトにもあるなめらかさのこだわり、という部分で
容器に充填する前にタンクで発酵させる「前発酵」の部分はベーベ工房の製造方法
そのもので小岩井さんほどの企業でも苦労されるのだと共感しました。

私も時々この小岩井乳業の生乳100%ヨーグルトを買って食べています。
疲れているときは少し砂糖を加えておやつとして。
1984年以来定番となった味。20年以上も一流の地位を保っておられる努力は
同業者として心から尊敬します。

小岩井農場と小岩井乳業は法的には別組織ですが、岩手の小岩井農場は今も
ホルスタインの飼養管理をしていて牛の数は2000頭。
明治時代は小岩井農場は海外から優秀なホルスタインを導入する先駆的な
ブリーダーでもありました。うちの牧場でもその末裔が何頭も活躍しています。
(現在は馬産はしていませんがこのブログでも書いた、牝馬の天皇賞馬の
 ウオッカも小岩井が導入した馬の子孫です)
農場と密接な関係の小岩井乳業さんにはどこか親しみを感じています。

定番の味のヨーグルト。それこそが理想です。毎日飲んでも飽きなくて
体にもやさしく、それでいてオリジナリティのある味。ベーベ工房のヨーグルトは
もうすぐ満11才を迎えます。小岩井さんのような20年もののヨーグルトが当面の目標です。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。