fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
「我々は職人です」という言葉
先日の報道番組で放映されていたスーパーの安売りの特集。
タイトルの言葉は豆腐をスーパーに卸す事を止めた老舗の豆腐店の社長の言葉です。
このブログでも度々書いているように、不況に入り露骨に加速するスーパーの安売り競争。
大手スーパーは「地域一番の安さ」を合言葉に、本来の原価がわからなくなるような
価格設定すら一部の食品にはしています。

特に利用頻度の高い卵、豆腐、牛乳は集客の目玉となるため安売りのターゲットとなります。
今回の番組では豆腐をピックアップして特集していました。
富山県のあるスーパーではまともな品質と価格の生鮮品を扱う一方で集客のために
38円の豆腐も毎日売り場に陳列。今夏には公正取引委員会から指導を受けたという
究極の廉価販売、20円の豆腐まで販売していました。地元の豆腐製造組合は対応に苦慮。
長い組合の歴史の中でもここまで卸し値(原価)を買い叩かれたことはかつてなかったそうです。
「消費者は値段だけでなく、品質で選んで欲しい」という組合長の言葉が悲しく聞えました。

こんな作り手としての誇りを踏みにじるような価格に毅然と経営方針を変えることで
「NO」と言ったのが冒頭の言葉の社長です。
ここは古くから手作りの豆腐や油揚げを製造している豆腐店。
社長はあまりにも安く売るスーパーに納品することは一切中止し、製造量は減っても
作り手の誇りを守ることができ、正当な利益を得られる百貨店や通販に販売の場を
シフトして幸い売り上げも好調のようです。昔ながらの製造工程の豆腐、一枚ずつ
丁寧に作られる大きな油揚げ。社長のプライドが製品から伝わる逸品です。
「我々は職人です。ものの正当な値段を知らなければなりません」全く同感です。

番組の中で経済評論家が語っていたことも秀逸でした。
「あまりにも安い食べ物を買うことにはある種の覚悟が必要だ」と。
行過ぎた安売りはデフレを招くだけではなく、原価を抑える事に窮した生産者がやむをえず
偽装をする可能性も十分にあるという指摘は正鵠を得ていると思います。
番組のタイトルは「安売りの果ては」というもので、やんわりと廉価販売を批判するスタンス
だったことはとても参考になりました。今日の朝日新聞でも触れられていましたが、安全な
食を手に入れるには消費者にも常識が必要だということ。
廉価販売に歯止めをかけるには食の安全とモラルが伝家の宝刀になるかのかもしれません。

追記

  関東では見かけることの少ない大きな油揚げ(京揚げ)は京都や京都の食文化の影響の強い
  地方で愛用されています。良質な植物油で揚げた少し厚みのある油揚げです。
  野菜と一緒に炊くとそれだけでメインディッシュになりますし、さっとあぶっておつまみにも
  向きます。冷凍保存ができるので私も取り寄せてストックしています。
  私は京揚げが大好きなのでギフト用にもオプションでお願いしています。

京揚げについて

これは京都の「とようけや」さんの京揚げ。ご参考までに。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる