<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無知はやっぱり恥ずかしい
きっこのブログのように毒々しいことを書くつもりは全くないのだけど、下記のような
ニュースを見るとやっぱり思うのが

 「無知は罪」 ということ。

テレビ東京 不適切発言で謝罪

ヒトラーのやったことは主義主張ではなく絶対に悪いこと。
ホロコーストは釈明の余地のない歴史の汚点だと思います。
それすらわからない、知ろうともしないというのは人として恥ずかしいこと。
絶対にそう思います。

最近は漢字が読めないことが芸になっているほどの芸能界だけれど、私はおばさんと
言われても度の過ぎた無知はやっぱり恥ずかしいと思う。まだ20代なら辛うじて可愛い
ですませても40代、50代になれば間違いなくタダのバカと言われます。

かくいう私も大学1年の頃はタダの無知な女子学生でした。サークルの先輩は何人も
後に弁護士になった優秀な人ばかりであのサークルではほとんどスザンヌ状態。
サークルの同級生でも間違いなく本を一番読んでいなかったのも私。
今でも忘れられないのが1年生の時、先輩たちが試験の話をしていた時に、何気なく
「判例って何ですか?」と私が言ったら回りが固まったこと。そんな私に専門書の読み方や
コンパでのおしゃべりの時にさりげなく読書指南までしてくれた先輩たち。
本を読み、人と交わり、たくさんの音楽や芝居やバレエに親しんだ20~30代。
あの時に無知がどれほどみっともないことか体験しなければ、40代の今、どうだったんだろう?

専門知識を極めろとは誰も思わないけれど、それでも大人には最低限の知識を求めるのが
社会の厳しさとも思います。じゃあその最低限の教養って何よ?と言われれば答えに
詰まるのですが。学生の頃そのバカっぷりで失笑を買った私でも強烈な印象があるのが
会社の技術系の後輩のこと。旧帝国大学の理科系でマスターを取得した彼と何気に
話していて谷崎潤一郎の名前が出たときのこと。

後輩 「あの、谷崎って何をする人でしたっけ?」
私  「へ?有名な作家だけど冗談だよね?」
後輩 「受験勉強で文学史まで手が回らなかったんで知らないです」
私  「............................................」

もちろん彼が特殊なのだと思っても、なまじ大学が優秀なだけに未だに忘れられない一言。
谷崎を読んでいなくても全然何とも思わないけど、作家だということは知ってて欲しかった。
あの時「谷崎はスケベな題材だから嫌い」と言われたら彼に惚れたかもしれないのに。(笑)
エリートほど最低限の教養のハードルも高くなると思うし、それがなければエリートではない。
老婆心だけど、子供をエリートにすべく小さい頃から塾にやっているお母さんには
エリートとは専門バカではないということは肝に銘じて欲しいです。

それにしても、テレビ東京での件の発言。口に出したのはアイドルとしてもチェックするのは
ある程度の大人だろうと。そのことが怖いし恥ずかしいと心底思います。
私など18才で無知による恥をかいてよかったのかもしれません。
無知を恥じない40女が食の仕事をやっていたらと思うと.........。
やっぱり「無知は罪」と言われることをしでかしていたように思います。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

そうですね。
自分も人のことをとやかく言えるほど立派な人間ではないですが、今は本当に専門まかせで、字もほとんど手で書くことも少なく、『食』についても去ることながら、いろんなことを簡単に便利にしすぎた結果なのかな?って思います。

全てを知ることは大変ですがある程度の知識は持っていてもらいたいと自分も思います。

無知は恥ずかしいですし、損もしますよね。
(自問自答)
まこやん
アメリカで副大統領候補だったペイリン女史への批判を
見ているとまだ日本よりアメリカの方が知性があると思いましたね。
空気も読めずにやたらと知識をふりかざす人もNGだけど
あまりにも知識のない人って40過ぎてどうやって人間関係を
作るのかと思います。
理想は身につけた知識や教養で豊かでやさしい気持ちを
伝えられる人ですかね。まだまだ遠い道ですが。(笑)
イタリアの現首相はオバマ新大統領のことを日に焼けていると言ったくらいで、日本の常識が通用しない国イタリアですが、このニュースを知ってとうとう日本もか、と思いました。自分はまさかそんなことは、とは思わずにどこぞの予備校のスローガンだった日々是勉強、とありたいものです。
takaさん
イタリアの首相のその発言は日本でも大きく報道されました。
この1年takaさんが想像もできないくらい芸能界は「バカが芸」でした。
日本の現首相は小学校レベルの漢字が正しく読めないという醜態を
毎日のようにさらし、国会答弁で今日もヤジが飛んでいました。
今の日本にtakaさんが失望されないか本気で心配です。
ヒトラーに関するこういう放映は無知は害毒という最悪レベル。
あまりにも常識はずれの無知は40才もすぎれば「はしたない」という気がします。
マレーシアの首相が「今の日本は低レベルで留学させる値打ちがない」と名言。
私、本気で顔が赤らむ思いがしたものです。
複雑多様化している現代で、あらゆる分野に知識の取得を
求めるのは、困難な事であります。

でも、上記TVでの記事は、おばかにも程があるかと・・・。
ユーモアのある馬鹿っぷりは、その場を楽しくする事も
ありますがー。

先人の知恵を知ったり、過ちを繰り返さない為にも、
歴史はお勉強しなければいけませんねーと痛感しました。

年号や、出来事をただ暗記しているだけでは、
忘れてしまいますよね。出来事の背景や、その時の
人の心情なども、考えるような教育をしていれば
お勉強も楽しいかと。

今の日本は平和ボケしているのでしょうか?

私もけいさん見習って、常に学ぶ姿勢を忘れないようにしようと
思います。

れいちぇるさま
仰るとおりでおバカにも程があるのがこのケースですよね。
笑うどころか人間性を疑います。
台本を書いたのは吉本興業の人間ということですが、
書いた人の奥様のレベルまで疑ってしまう。(爆)

この1年のおバカキャラの売れっ子ぶりは何なんでしょうね。
司会の伸助のお嬢様3人はとても優秀です。
それだけに「おバカ」で稼ごうという魂胆がミエミエで。
マスコミのモラルには何だか悲しくなりました。
大人が書いた台本があったんですか!?
けいさん、

吉本興業の大人が書いた台本が存在していたんですか・・・
お勉強を留守にしていたおバカな女の子たちの粗相だとばかり思っていました。
それは開いた口が塞がりません。
残念ですが、私もマレーシア首相にはほぼ同意です。
日本の大学がそんなに悪くなっているわけではないでしょうが、マレーシアのような優秀な国からの留学生に、今の日本の世間のおバカ振りが失望(失笑)されてしまうのは必至という気がします。
しかし、今の日本の働き盛りって我々と同世代なのですよね(多分吉本の脚本家も)。
情けないですね~。
Aogyさま
イタリアのTVのレベルは多分日本よりは高いでしょうね。
確かに働き盛りは我々世代~50代。
受験も厳しく、今よりは公立の学校も良いとされた時代でこの
ありさま。私、変に固くて物事を真面目に考えられない人間は
嫌いです。今まで後進国と言われた国にもどんどん学力で追い抜かれている現状。
私はバブル期にまじめにひとつのことに打ち込む人間を「おたく」というレッテルを
貼って揶揄していた悪い風潮も今のおバカを恥じない、ふさけんなよという風潮を
作ったようにも思います。本当に悲しいことですが。
ところで明日、Aogyさまの最新のエントリーにコメントを
差し上げったいのでよろしくお願い致します。
けいさん、こんにちは。無知……まさしく、私のことです。
自分でも恥ずかしいと思いつつ、未だ改善されていません。だから、ブログを通して、徐々に無知を改善しようと思ってます。

けいさんと比べれば、きっと、1%くらいしか知ってないかとも思うほどです。旦那も、みたらしの無知さ加減にはいつもあきれかえってます。

無知がもとで、事件をおこしたり、他人に迷惑をかけるようなことだけは、さけなくては…。自分と子どもには、そのことをまず、気をつけていきたいです。
みたらしさん
みたらしさん、私も無知ですよ。最近ようやく貧困問題の
ことも真摯に考え始めたくらいで。
みたらしさんは十分にきちんとした方ですよ。
私は大事なことを知ろうともせずに、こういうヒトラーに関する
ようなことを公の場で言わせたりするいい年の大人こそ
問題だと思います。
みたらしさんの、薬のことでも「考える」という真剣な考え方に
私こそ影響を受けています。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。