<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウッディ・アレン 「マンハッタン」
ウッディ・アレン監督・脚本・主演した1979年公開の恋愛コメディの傑作。
ガーシュウィンの名曲にのせた白黒画面からウッデ・アレンのニューヨークの街への愛と
彼独特のブラックユーモアが伝わる大人のための小粋な作品です。

配役が豪華です。

        ウッディ・アレン(アイザック バツ2の42才の売れない小説家)
        メリル・ストリープ(ジル アイザックの前妻。同性愛が原因で離婚)
        ダイアン・キートン(メアリー アイザックの友人の不倫相手)
        マリエル・ヘミングウェイ(トレーシー 17才の学生。アイザックと同棲中)

物語はこの三人の女性の間を右往左往するいささか身勝手な中年男のコメディ。
バツ2の売れない作家アイザックは17才のトレーシーに熱を上げられるも、親友の不倫
相手でいかにもスノッブな大人の女メアリーにぞっこんに。
大人の男のずるさでトレーシーを体よく追い払うために6ヶ月間のロンドン留学を薦める
アイザック。これでメアリーと相思相愛、と思いきや「やっぱり前の彼が忘れられない」
とあっさり振られるアイザック。やっと自分が本当に愛していたのはトレーシーだと気づいて
ロンドン留学に出発直前の彼女の元に駆けつけるラストシーンがこの場面です。



 アイザック 「6ヶ月も行ってしまうのかい?」

 トレーシー 「たった6ヶ月よ。変わらない人もいるわよ。もっと人を信じなきゃ。」

17才に諭されて悲しいような嬉しいような何ともいえない表情を浮かべるアイザック。
そして映画はジ・エンド。
決して美人じゃないけれど毅然として知的で、瑞々しいマリエル・ヘミングウェイの素敵なこと。
アイザックの失ったものの大きさが伝わります。あっぱれ、トレーシー。

「マンハッタン」は何故かとてもノスタルジーを掻き立てられる作品です。
白黒の画面とラプソディ・イン・ブルーのメロディーの効果も相まって。
こういう普通の人間の普通の恋や寂寥感を描くとウッディ・アレンは秀逸です。
「愛の流刑地」のような現実離れした恋愛ではなく、普段着の恋愛。
たとえると、空気のような存在で、その存在の意味すら考えていなかった会社の先輩や
上司が転勤などでいなくなり、その人が目の前から消えてしまって初めてその存在の
大切さに気づいてとてつもなく寂しい気持ちになったり、というどこかなつかしい気持ち。
そんな気持ちをたとえ恋ではなくても感じたことがある人は多いんじゃないかな。

私が高校生の時に公開されたこの作品。(初めて観たのは大学生の時)
いつの間にか月日は流れて今ではこの中年男のアイザックや当時のウッディ・アレンの
年を超えました。40才は当時はとてつもなく大人に見えたけれど現実は不惑の名に遠く
まだまだ大人とは程遠い日々。当時はただの身勝手なオヤジに見えたアイザックが
たまらなく愛すべき男に見えてきます...........。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ニューヨークおじさん
マンハッタン、観たことないのですが、けいさんの記事を読んでて観たくなってしまいました☆
なんだか実際にこの映画みたいなスキャンダルありましたね、生粋のN.Yおじさんウディ・アレン。ニューヨークというと、この人が思い浮かんじゃいますね!
ともちんさま
この映画が公開された時からラストシーンのマリエル・ヘミングウェイ
(あの文豪のお孫さんです)には高い評価がありました。
ウッディ・アレンと当時の事実上の妻、ミア・ファローの養女だった
韓国系女性との間のスキャンダルでしたね、
あれから本当に彼女と35才差の結婚。凄いですよね。
マンハッタンと前作でアカデミー賞を受賞したアニー・ホールが
彼の代表作と思います。どちらも当時の恋人、ダイアン・キートン
が主演です。彼には彼女が一番合っていたように思うんですが。(笑)
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。