<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おせち料理
不況にも負ケズ、高価格にも負ケズ高級料亭のおせち料理の予約は好調です。
質素な住人の多い群馬でも、百貨店では20万円とか10万円以上のおせちは完売御礼。
おせち料理に35万の投資........。(ため息)
私は未だにおせち料理のセットを買ったことがありません。
フルコースで買っても全部食べられないから、という極めて小市民的な理由で。(笑)

家族の喜ぶおせちは自分で作ります。黒豆、なます、お煮しめ、お雑煮くらいですが。
特に黒豆は夫がおやつ代わりに食べるし、双方の親におすそ分けするので一升くらい
煮ます。毎年決まった乾物屋さんで黒豆を取り寄せています。
丹波のものはあまりにも高価なので、もう少し小粒ですが味は丹波レベルの北海道産のもの。
一升でも二千円前後とリーズナブルです。

黒豆を煮るときに使うのがル・クルーゼの一番大きなサイズの鍋2つ。
クルーゼは今さら私が言うこともないほどのスグレモノ。これがなければ絶対に作れません。
土井勝先生のレシピで、予め砂糖としょうゆと少量の重曹を入れて沸騰させた鍋に
乾燥したままの黒豆を入れて煮る事トータルで4~5時間。途中で水を差して柔らかくなれば
完成です。豆に空気が触れなければOKなので出かけたりする時は火を止めて気負わず
のんびりと作っています。それでもレシピの確かさ、黒豆自体のおいしさ、クルーゼの力で
それなりのものができあがります。

お雑煮は焼いたブリと三つ葉を添えて。
蒲鉾と伊達巻は長年ずっと愛用している小田原の籠清(かごせい)のものを。
気が向けば群馬の誇る「もち豚」で自家製チャーシューも作りますが、これもオーヴンに
おまかせメニューです。というわけで毎年の我が家のおせち予算は高くて一万円以内。

フランス料理 アルザスHP

もし、セットもののおせちを買うとしたら前橋の小さなフランス料理屋の洋風おせちかな。
ここは作り置きを売るのでなく大晦日にこちらが重箱を持って行き、手作りのできたてを
詰めていただきます。ここは前橋でも人気の家族経営のフランス料理屋さんです。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

けいさん、おはようございます。おせちに20万ですか……。食べてみたい。みたらしのうちは、祖父母が買ってきたおせちをよばれるので、そのへんで売っている3段くらいのおせちです。
おいしいともまずいとも、特に何ともいえないですが、自分で料理を作らなくていいので、それが一番ラッキーかな。

お正月で楽しみな食事は、おもちです。みたらしは、みたらし団子も大好きですが、おもちも大好きなんです。雑煮や、焼き餅、大好物です。特に、焼き餅に砂糖醤油つけて食べるのが大好きです。

けいさんも、お正月は、ゆったりと過ごして下さいね!!
実家も嫁ぎ先も本家なので、
毎年大人数のおせちを作っています。
(私は助手的立場でおりますが・・)
義母は、昔の人なので、スーパーなどにはめったに行かず
日々の買い物も専門店で購入致します。
今まで、おせちを買ったことはありませんが、
お重に詰めてくださるという洋風おせちは、
是非食べてみたいですね!!
けいさんは、本当に心の込もった美味しい物を
沢山ご存知なのですねー。
みたらしさん
お正月くらいのんびりしたいですよね。
牛舎の仕事はありますがヨーグルトとチーズは一週休みなので
多少は楽ですね。
黒豆以外は普段の食事の延長レベルですね。(笑)

私もおもちは焼餅にしょうゆとお砂糖をつけて海苔で巻いて食べるのが好きです。
みたらしさん、クリスマスはグアムでしたよね。どうぞ楽しんで
気をつけて行ってらしてくださいね。
れいちぇるさま
大人数のおせちを作られるなんてまさしく妻のカガミですよ。(笑)
うちは家族分だけですね。
私がおせちセットを買わないもう一つの理由が、豪華でも真空
パックに入っていたりして味気ないこともあります。
黒豆は夫のお正月のおやつと化すので作った方が安上がり
なんです。お義母さまもきちんとお料理をお作りになるのですね。
きっとれいちぇるさまやお義母さまの姿をお嬢様たちは大きくなったら思い出して
お料理をされるのではないでしょうか。
「アルザス」は本当に素敵なお店です。
私より少しお若いシェフですが、きっと御自分もご家庭で手作りの
おせちで育てれたと拝察しました。今どきこんな素敵な手作りおせちって珍しいですよね。
ブログ時々読んでいますよ。はい、岡山のT兄です。
黒豆、私も家で時々煮ております。もっとも手抜きでフィスラーの圧力鍋を使用していますが。それこそ私のおやつ代わりみたいなものなので、いいかげんなものです。もっとも重曹は入れてなかったのですが・・・・・入れたほうがいいかなー?教えてーや!
T兄さま
T兄さま、人違いでなくてよかったです。(爆)圧力鍋で作られるのですね。
私はクルーゼの厚手のほうろう鍋オンリーです。
重曹は入れても入れなくても新豆なら変わらないような気も。
入れてもティースプーンに半分くらいの微量なので
どのくらいの影響があるものか疑問で。(笑)
最近は砂糖もしょうゆも味を見ておいしいと思う量をはかりもせずに使っています。
黒豆はケーキよりはるかに手間がかかりません。
T兄も男の料理をされるとはさすがに叔父さんゆずりですね。
ヒロシ爺も当時としてはマメだったということなので
遺伝でしょうね。うちの父はまるっきりの「殿」だったので男の料理には憧れています。
お雑煮
つい最近、お雑煮談義に盛り上がったところでした!
我が家は、焼かない丸餅&野菜系(かつお菜、大根、人参。あと、蒲鉾、ちくわなど)。
島根出身の方は、焼かない丸餅&岩海苔のシンプルなお雑煮。
(岩海苔には、みんな初耳でした。)
所変われば、具材も変わりますね~。

黒豆。私も好きです♪
母に多めに作ってもらって、東京に持ち帰ってます。
けいさんの黒豆も美味しそう~♪
ご無沙汰しております~もうすぐ新年ですね。おせちの話聞きながら待ち遠しくなりました。今年は実家に帰るので、賑やかなお正月で家族みんなでおせちつまむ楽しいお正月になりそうで楽しみなんです。うちの実家は手抜き大好き伝統もなにもないむちゃくちゃ派です(笑) 正月も家族働いんているんですよね~でもなぜだかいつものお店のいつもの味でそれが我が家の味となってふかーく脳裏に刻まれています。黒豆は私も大好きです。ルクルーゼはこんなことろでも活躍するんですね。一升とは豪快でおいしそー!!
ナカシさん
東京はいろいろな地方の出身者が多いのでお雑煮の話題でも
けっこう盛り上がりますよね。
地方によっては鶏がらでだしをとったり、白味噌仕立てだったり、
お国自慢を聞くようで大好きです。

黒豆は私のおせちの代表みたいな一品になりました。
いずれ自家製の伊達巻を作れるようになるのが目標です!
ぱんだままさん
こちらこそお久しぶりです。コメントをいただけて嬉しいです。
お正月はご実家に行かれるのですね。のんびりされてくださいね。
お正月って久々に顔を見る家族と過ごすだけでも幸せなもの。
おせちを作るよりそちらの方がかけがえのない時間かも
しれません。お正月に家族で話したこと、一緒に見たテレビ
そんな積み重ねも日本のお正月ですよね。
今年も一升頑張ります!
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。