<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一蓮托生な関係
先日、ミシュランの三ツ星店「石かわ」が大阪の会社に委託して製造していた瓶入りの
黒豆からセレウス菌が検出されたとして回収。
店主は言い訳をすることなく深々と頭を下げてお詫び。好感が持てました。
この黒豆は「石かわ」の名で大阪の工場が委託製造をしていたもの。
今後の契約を打ち切るそうですが、三ツ星の名に傷がついたことは確かでしょう。

私はどうも委託製造されたものが苦手です。品質や信頼に問題がなくても感覚的に。
食べ物ではないのですが、北海道のお土産で「北海道のラベンダーソープ」を頂いて
製造所を見れば大阪の会社でしかもラベンダーは香料だけという表示を見てがっかり
したことがあります。その経験があるせいかブランド名こそ手作り感があっても
製造委託先が大きな工場の製品にはあまり愛着がわきません。

食品偽装が報道された時に「委託先の工場がやった」と釈明する企業がありました。
確かに委託製造は生産量を増やすにはよいかもしれませんが、自分の手を離れたら
やはり信頼や信用の上ではリスクを負うと考えた方が賢明です。
(食の仕事をしていると製造のことでは、他人を信用しすぎることは危険です。悲しいけど。)

6ヶ月待ちといわれるほど大人気の石垣島ラー油も提携を申し出る企業のお誘いを全て
お断りして、以前からの手作りを続けておられます。
ベーベ工房もかつて2回ほど委託製造のお話を頂きましたがお断りしました。
自分達の手を離れることによって責任をお客様に持てなくなることはすべきではないと
考えたからです。夫と私がやっているからこそのベーベ工房なのです。

信頼が揺らがない委託製造があるとすれば、提携先のことを自分のことと同じくらい
きちんと消費者に説明できる場合だけだと思います。例えば古くから同じ信条でやっている
親戚や古くからの親友など。委託先はお互いの存在が利益を享受するだけでなく
人として誇りに思えるような存在のところだけにすべきだと私は考えています。
そう、一蓮托生という関係でしょうか。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。