<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカルラッティ「ソナタハ長調作品159」
バロック時代に活躍した(バッハやヘンデルと同年の生まれです)ナポリ出身の作曲家
ドメニコ・スカルラッティ(1685~1757年)。
彼の作品はほとんどがチェンバロのソナタで占められていてその数は555曲にものぼります。
その理由はスカルラッティのキャリアにあります。彼は1721年からポルトガル王室に仕え
マリア・バルバラ王女の音楽教師を務めました。そして王女が1729年にスペイン国王に
嫁ぎスペイン王妃となったためスカルラッティも王女と共にスペインに移住。
1757年に亡くなるまでマリア・バルバラ王妃に仕えスペインで生涯を閉じました。

555曲のチェンバロソナタの大多数はマリア・バルバラのために作曲されたものです。
彼女は決して美人とはいえませんでしたが(かのオーストリア女帝、アリア・テレジアの
従姉妹にあたります)非常に音楽的な才能を持った女性でスカルラッティとの師弟関係は
彼の死まで続くこととなりました。

スカルラッティのソナタはいかにも宮廷で王妃が弾くにふさわしい、小規模だけれど
端正で優美、そしてイタリア人らしい歌ごころと躍動感にあふれた佳品です。
ポゴレリッチの弾くソナタハ長調作品159番は、別名「狩のソナタ」の名のように角笛を
連想させる主題が印象的な曲で、小規模ながら完全なソナタ形式を持ったスカルラッティの
代表作のひとつです。



私が少女時代にピアノを習っていた頃はバロックといえばバッハとヘンデル。
教師の方針もあったのでしようが、スカルラッティを弾いたことはありません。
1982年に伝説のピアニスト、ホロヴィッツがチャールズ皇太子の前でのコンサートで弾いた
スカルラッティのソナタに心奪われました。
日本でスカルラッティの人気が出たのはあのコンサート以来ではないでしょうか。

現在、スカルラッティの演奏に関して評価が高いピアニストはホロヴィッツと現役ではこの
ポゴレリッチだと思います。ショパンやラヴェルでは個性的なエキセントリックともいえる
表現をするポゴレリッチですが、このスカルラッティでは非常にオーソドックスで端正な
演奏を聴かせてくれます。大柄な彼が弾くと鍵盤が小さく見えて王妃がサロンで弾くために
書かれた曲だということを改めて感じさせてくれます。

マリア・バルバラ王妃はスカルラッティの死の翌年、47才の生涯を閉じました。
彼女の血は絶えましたが、彼女のためのチェンバロ曲と分かちがたい存在の女性として
現在に至るまで語り継がれる王妃となりました。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。