<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山口百恵さん
1980年11月19日。山口百恵さんが三浦友和さんと結婚。
高校生だった私はその前月に結婚のため芸能界を惜しまれつつ引退した百恵さんの
胡蝶蘭を髪にあしらった美しいドレス姿をテレビで目に焼き付けました。

百恵さんは私より少し年上ですが、私たちの世代では今でも伝説のスターです。
僅か8年の芸能生活で歌手としても女優としても頂点を極めて、21才で結婚のため引退。
それからの彼女は全くの家庭人となり、芸能界に戻ることはありませんでした。
実家は歌謡番組を見る家庭ではなかったのですが、それでも私は百恵さんには
どこか心を惹かれるものを感じていました。追っかけをするという惹かれ方ではなく
いつの間にか彼女の歌や演技が心の大切なところで息づいているような。

百恵さんといえば何といっても「横須賀ストーリー」や「プレイバックPART2」など
宇崎竜童&阿木耀子夫妻のコンビによるヒット曲。
当時のまだ10代の百恵さんが印象的な低音でこれらの名曲を歌うことで輝きを与え
不朽の作品としてゆきました。

           馬鹿にしないでよ。そっちのせいよ。 

           勝手にしやがれ。出て行くんだろ。
           これは昨夜(ゆうべ)のあなたのセりフ 
                        (プレイバックPART2より 作詞 阿木耀子)

宇崎さんという最愛の夫を持ちながらも自立した真のフェミニスト、阿木耀子さんの
本当に素敵な詩は当時もその斬新さが話題になりましたが、30年経った今でも
その魅力が少しも色あせていないことに驚きます。
そして当時わずか19才で、この詩にこめられた女心を実にさりげなく表現した百恵さん。

百恵さんが引退して家庭に入ると言った時代は女性の社会進出が本格的になってきて
いた時代でした。スーパースターの専業主婦宣言は社会的な話題となり、彼女を
「女性の時代を逆行させた」と批判した作家もおられました。
私はまだ子供で何もわからなかったけれど、温かい家庭を持ちたいという百恵さんの
強い意志にはどこか共感を感じていました。
結婚後も社会で仕事をする、しないにかかわらず自分の家庭を持ちたいと思った
最初のきっかけは今にして思うと百恵さんの引退だったようにも思います。

百恵さんがスーパースターだった頃、テレビや雑誌で彼女を見ない日はないくらいで
逆に彼女のようなどこか特別なスターの全盛時代を見ているという幸福感を感じなかった
ことは今にして思うととても残念です。宇崎&阿木夫妻の他にも彼女の歌った曲には
「いい日旅立ち」(谷村新司)「秋桜(コスモス)」(さだまさし)などがあり多くの歌手達が
カヴァーしています。それらを聴くたびに、百恵さんの歌を彼女の時代に聞けた
奇跡のような幸せを感じています。

若いママさんに百恵さんの話をしたら「母が大ファンでした」と言われました。
彼女が引退してもう28年が経ったのですね......。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

百恵さん・・・
当時、母がお友達から「蒼い時」を借りてきて、母よりも真剣に読んだ記憶があります・・・。 アイドルなのに、あの独特の暗さは何だろう?と不思議に思っていましたが、本を読んで、彼女が生まれてから経験したり感じたりしたことの深さを、知ることができたように思いました。
歌唱力の素晴らしさはもちろん、百恵さん自身が、人を不思議と惹きつける魅力を持った方なんでしょうね・・・
と、聖子ちゃん世代のくせにエラそうにぶってみちゃいました。すみませんっ!
ともちんさま
ともちんさんもお母様がファンでいらしたのですね。
きっと彼女の現役時代をはっきり覚えている人は40才以上です。
引退時に21才(大学生なら4年)だった彼女より今の自分が子供に
感じる時があります。彼女が引退したことは当時社会問題と
なりました。私は彼女がエッセイで(友和さんに)「行ってらっしゃい
お帰りなさい、言ってあげたい」と書いていたことが忘れられません。
書きながら百恵さんのようにご主人と温かい家庭を築いておられる
ともちんさんを思い浮かべてました。
それだけにともちんさんに共感していただけて嬉しいです
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。