<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日に2頭のご出産
7日の金曜日は牛舎が忙しかった一日となりました。
我が家のように成牛30頭の規模ではあまりないのですが、1日に2頭が出産でした。
一頭はジャージー牛でちろりの祖母。10日ほど早い分娩だったので「メスか?」と
期待した(統計的にメスだと予定日より早い出産が多い)のですが、残念ながらオス。
肉牛として育てる他の牧場に移りました。(ジャージーのオスはほぼタダ同然です。

夕方、通常の飼料を与え搾乳という忙しいさなかに、急に産気づいたのは初産の若い牛。
とりあえず逆子ではないかを確認してOKそうだったので、飼料を早めに与えてから介添え。
お陰さまで母子共に元気でF1(和牛との間の子)を出産。

  F1牛の説明はこちら

オスの上に血統の良い和牛の子なのである程度の価格になります。
本当にありがとう。(と牛に)どちらも母子共に健康で何よりでした。
牛乳は牛がお産をしないと出ないので、分娩が上手くいかないと経済基盤に大きく影響
するのです。まずは無事にお産を終えること。これが何よりです。(人間も同じですね)

4才の息子は子牛がオスだといつも少し悲しそうにがっかりします。
「ママ、いつお肉になっちゃうの?あっちの牧場にお肉にしないでって電話してよ」と。
命の重さを彼なりにわかっているのでしょうが、ちょっと切ない。
子供のことで「ママ、ち○○ん取っちゃってよ。女の子になったうちで飼えるよ」と
言って下さるのには、頼むよと思いますが。(下品な表現でごめんなさい)

ところで近日公開の映画「ブタがいた教室」(妻夫木聡主演)では18年前に大阪で
実際にブタを授業で飼育した先生と小学生の日々が描かれています。
卒業前に2年間育てたブタを肉にするかどうかを巡って、子供達が真剣に悩み、泣き
考えて最後に先生と決断をする、という実話が描かれて評判になっています。
子供にとっては理性では「いずれは人間が食べる」という運命を分かっていても
感情では納得できない。これは息子を見ても切ないくらい分かります。
「この間言ったじゃない」とはやっぱり言えません。一頭一頭が子供にとっては違うから。
この映画を紹介するTVを見て、畜産農家の子供はこういう思いを日々感じながら
育つのかな、と思いました。メスのホルスタインが生まれると嬉しくて保育園でも
担任に報告しているという息子。メスが生まれるとその意味でもほっとします。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちは。なるほど!メスが生まれるとほっとするのは、そういう理由なんですね。
みたらしと子どもは、1~2年前、牧場でたまたまウシのお産を見ました。子牛の足がチラホラみえたんですが、なかなか生まれてこず、最後は、大人の人3~4人がかりで、チェーンか何かで引っ張って、生まれました。逆子だったのかな?
でも、ちょっとたつと、もう歩いていたし、元気だったので、びっくり。私たちは、メスかおすかなど、そこまでは、考えないんですが…。でも、そこまで子どもが考えることができると、本当に命の大切さを実感しているんだな~と感心します。うちの子たちは、分かっているんだろうか……
みたらしさん
メスでなければ牛乳を生産できないので、仕方がないのだと
理性ではわかっていてもオスが生まれたら(二年ぐらい育てて
からですが)肉にするために、他の牧場に出す.....。
私でも子牛のあどけない目を見ていると「女の子なら飼ってあげられるのに」
と不憫になります。以前、鹿児島の肉牛農家でとても賢い牛が、
そこの家の小学生が「おはよう」と言うと頭を下げるということでTVに出ました。
あの牛が肉になる時、号泣だっただろうなと思います。
家畜はわかりやすいだけ子供には神経を使います。
みたらしさんのお子さんだもの。家畜がいなくてもママとパパの
愛情から命の大切さは十分お分かりだと思いますよ。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。