<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食の記事を書くに当たって
先日のスローフードに関する記事に対して、ブログの友人であり自然農法で野菜を生産されて
いる方から貴重なご意見とお心寄せをいただき心から感謝しています。
ひとつの事柄を、育てるものが違っても生産者の目から見て考えた心からの思いを感じさせて
いただいたことは、本当に勉強になりました。

スローフードについて考えたこと

文章を書くことが好きで、それをどこかで誰かと分かち合いたいと思って書いている日記ですが、
さすがに趣味のことを書くときと本業である酪農や食のことを書くときは、いくらマイナーな
個人のブログとはいえ心構えが違っている自分がいます。
ある程度資料にも当たって書いているつもりですが、途中で表現に詰まったり、言葉や表現が
足りないともどかしく思ったり、果ては自分が頭の悪い人間だと思ったり。(笑)

スローフードの記事に心を寄せてくださった生産者のブログの友人が秀逸な言葉をご自身の
ブログで書いておられました。

  (スローフードなどの運動は)消費者目線で行われている
          消費者=農業から最も遠い人     と。

生産者がどんなに安全でおいしいものを作っても消費者に理解され、愛されなければ
仕事として成り立たない。生産者と消費者の愛情と知性に裏付けられた確かな関係が
農業を未来を開き、食糧自給率のアップにも繋がるのだと彼の文章を読んで考えました。

そこでこのブログを読んで下さる方にお願いがあります。
真剣にある程度のデータをもとに書いていますが、食や酪農の記事で

 「こういう消費者の視点があるよ」「こういう解釈もアリじゃない?」と思われたら
是非、管理人しか読めない非公開コメントで構いませんので、貴重なご意見をいただければ
嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

このスローフードのエントリーを書いた後、スローフード運動には2000年から心引かれ考えて
きただけにあのレベルの知識や解釈で書いてよかったのか悩みました。
でも素晴らしいコメントやメールでのご意見をいただき、自分の農や食に対する考えを深めて
ゆくきっかけを頂き拙いエントリーでも書いて良かったのだと思うことができました。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

追記
 ごく最近、おいしい幸せを分かち合った思い出があるからこそ、その方を初めて
 心から理解できて尊敬できたという幸せな経験をすることができました。
 おいしい製品を作り続けられるように頑張りたいと思います。
    

   
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

商品・顧客管理、そして心。
けいさん、こんにちは。
確か、「消費者からの視点を!」という記事を書いておられたと思い出し、
もしかしたら、少し、スレ違いになるかな?
と心配しつつもコメントを残すことにしました。
長くなるので、数回にわけて、残します。
ご容赦くださいませ。

前にもお話したように、うちでは、週2回、2つの農場から、
無肥料・無農薬の野菜をお取り寄せしています。
一つの農場からは、定期購入で決まった日に届き、
もう一箇所は、そのようなシステムがないけれど、
安全にこだわった卵や納豆、味噌なども販売されているところで、
我が家の食材の消費を見ながら、その都度、
他の商品も含めて、午前中指定で注文していました。

実は、今日、その都度購入の農場から、荷物が届いたのですが・・・・。
卵24個中、6個が割れていたのです。
そのうちの3個は、なんとか使い物になりそうですが、
3個は、白身・黄身とも溢れ、全く使い物になりませんでした。
この農場について、もしかしたら我が家だけかもしれませんが、
いろいろな問題が噴出しています。
列記しますと・・・・・。

① 一番最初に注文した時、
「最初のお客様は、代金引換でお願いします」ということだったので、
そのように支払った後、箱を開けたら、郵便振替用紙が同封されていて、
お支払い下さいとのお手紙が・・・・。
びっくりして電話確認したところ、単なる間違いと判明。

② 卵を注文した折、別メールが届き、
比較的安心で丁寧な運送会社に変えるため、300円が別途かかるとのこと。
しかし、届いてみれば、300円の追加金額はなされておらず、
また運送会社もそのまま。
これまた電話確認するも、そのままの金額でお支払い下さいとのこと。
この後、数回、同じ内容のメール、
しかし、金額、運送会社はそのままということが続きました。

③ 支払方法が指定できるので、
送料が格段に高いことから、いつも手数料無料の郵便振替。
しかし、ある日、その振替用紙が入っていない・・・・・。
仕方がないので、とりあえず電話連絡だけして、手数料を払っての支払い。

④ うちでは大量の野菜を消費するため、Lサイズをいつも注文。
生産者HPでは、5人~7人家族で3日分とあります。
しかし、ある日、異様に少ない・・・・。
大根4~5本など大量なのが、大根1本など、いつもの量の4分の1。
Mサイズと間違えたのだろうなというのは、容易に察しがつきました。
しかし、支払いはLサイズ分。一応、確認したところ、
「うちではいつでも増量しています!たまにはそういうこともあります」との返答。
商品・顧客管理、そして心 3
⑤ 日にち指定で毎週のお取り寄せが出来るか確認したところ、
出来るとのことだったので、
電話で次週の分を、日にち&午前中指定で注文。
しかし、お昼をゆうに回っても送られて来ない。
確認したところ、「追加注文があると思って待っていたけれど、
なかったので送っていない」とのこと。
謝罪もなかった事から、ええ??それって私が悪いの???とびっくり・・・・。

⑥ 上記⑤について、すぐに送りますとのことだったけれど、
あいにく、お届け日は、私の台湾への出発日、
ついでに夫は、鬼のいぬまに洗濯で、ゴルフを予定していた日曜日。
仕方がないので、娘夫婦に予定を変更してもらい、
受け取ってもらったけれど、ここでも問題発覚。
こんなに何度も頼んでいるのに、住所が間違っていたらしく、
運送屋の、いつもと違うお兄さんは、
ぐるぐると走り回ったあげく電話をかけてきたそうです。

ここまで来ると、もう、「電話で報告・確認」も、
馬鹿馬鹿しくなって、何も言いませんでした。

⑦ 「電話だと間違いが起こるので、今後は、
HPからか、FAXで注文して欲しい」との事。
しかし、それでは定期注文の意味がないし、
なおかつ、HPでは、野菜セットの注文終了との記載が・・・・・。
それってどうやって注文するの??
FAXで注文するにも、どういう名称で??
一昨日、「お野菜の種類は限られますが、ご希望ならば注文できます」
とのメールが来ましたが、返事は出しておりません。
商品・顧客管理、そして心 4
そして、今回の卵事件。
いつもの運送屋のお兄さんは、本当に丁寧で、感じのいい人です。
それに卵が割れていたのは、今回が初めて。
しかし、これは、報告をしておいたほうがいいと思い、
生産者グループ、運送屋と双方に連絡をいれました。
運送屋のお兄さんは、早急に、わざわざ立ち寄り、謝りにきて、
運送屋費用で送りなおしますと言ってくれたけれど、
かたや生産者グループの代表者さんは、謝罪の言葉がなく、
なんと、信じられない事に・・・・。
「卵は割れやすいので、今後は頼まないで欲しい」ですって・・・。
今回の分は、次回の注文時に値引きしますとのこと・・・・・。

私は、④あたりから、この生産者グループに疑問を持ち始めました。
夫は、当初、「農家の人たちは、きっと、ゆったりしているんだよ」
という優しい目で見ていましたが、
⑤の一件と、そして、忘れ物を取りに家に寄った彼が、今回の卵事件を知り、
「もう、注文するのをやめたら?」と憤慨していました。

その農場の、「消費者に応援してもらうことで、安全な食材をお届けできます」
ということに納得し、会費を払い、会員にもなりました。
「後払いは、料金不払いということが多発しているので、今後、支払い方法を変えるつもり」
というお電話での言葉に納得もし、手数料が発生する代引き払いに、いち早く変えました。
生産者グループの単なる間違いならば、こちらも、今後のため、
報告・確認のみで、それ以上何かをしてもらおうとは思っていません。
もちろん、報告・確認のさい、怒鳴ったり、怒ったりなんてこと、一度もした事がありません。
天候に左右される収穫なので、遅れると言われれば、いつまでも待ちます。
商品・顧客管理、そして心 5

ネットでの情報からだけですが、察するに、
けいさんをはじめ、安全にこだわる生産者さんたちは、
本当に大変な思いをされている事と思います。
でも・・・・消費者はどこまでを許容範囲とすれば良いのか・・・・。
この農場との関わりで、深く考えてしまいました。

ちなみに、もう一つの定期購入の農場でも、一度だけ、
商品が届かない事が発生しました。
その時は、代表者の方が、何度も電話をくれ、奔走してくれました。

この違いを知っていただけに、今は、落胆と怒りが交互に現れています。

今回、卵は割れていましたが、とても誠実な運送屋のお兄さんが、
会社で何らかの減点となるかもしれないので、報告のみで済ませました。
また、この生産者グループに、値引きしてもらうつもりは全くありません。
・・・・・・・・というより、こことの取引は、
何も言わず、今回をもって最後にするつもりです。
安全性には、かなりこだわっている生産者グループなので、
非常に残念なのですがね・・・・・。
商品・顧客管理、そして心 6

私は、ここの生産者グループから、
「他では簡単に手に入れられない安全な食材を、
送ってやってるんだから、感謝しろ。
つべこべと、うるさいことを言うな」と上から目線で、
言われているような気がしてなりませんでした。

こんなふうに思ってしまう自分に、情けなく思いながらも、
そのマイナス感情を、消し去る事が、
残念ながら、今は、出来ません・・・・・。

商品・顧客管理は、人間ですから、間違いはあります。
でも、「心」って、本当に必要だと思います。
消費者が、生産者グループに理解を持つ事が当たり前なように、
相互、「心を込めて」ということが、大切なんじゃないかなと思います。

あ、もちろん、けいさんは、心を持った生産者さんだと思います!
お電話でのお話で、すぐわかりました。

長々と愚痴めいた消費者の視線で、失礼致しました。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。