<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白鳥の湖よりオデットのヴァリアシオン
             「真打」。「白眉」。
このような表現が、2分弱のオデットのヴァリアシオン(ソロ)を見るたびに
心に浮かびます。

世界中で一番愛され、上演され続けてきた最も有名な全幕バレエ「白鳥の湖」。
プティパとイワーノフ振付で現在の版が初演されたのが1895年。白鳥たちが踊る2幕は
後世の振付家たちも基本的に手を加えることができないほど完成度の高いものです。
バレリーナの代名詞ともいえるこのオデットのソロは2幕の中で、
オデットと王子ジークフリードのパ・ド・ドゥ~4羽の白鳥の踊りに次いで躍られます。

超絶技巧がないからこそ逆に残酷なほどバレリーナの素質を浮き立たせ、静謐な中に
オデットの自由への渇望を切ないほど観客に伝える踊りです。

技術的に有名なパ(動き)は最初のデヴロッペ・ア・ラ・スゴンといわれる動き。
美しく弧を描きながら高く振り上げられた脚の動きと、自由を求めて羽ばたくような腕。
悪魔の呪いによって、夜の間だけ人間に戻れるオデットの運命を乗り越えて愛する王子
の住む世界に飛び立ちたいと願う切ない気持ちがこぼれるような動きです。
もう一つは中間部分のアラベスク。呪われた運命を静かに諦めながらも止みがたい愛と生への
渇望を痛いほど伝える美しい動き。

オデットのソロは32回転のフェッテのような超絶技巧こそありません。
それゆえ、かの森下洋子さんが「踊りこむほどにシンプルゆえに難しい」と言われる非常に
高い芸術性を要求する踊りです。周到な知性によってコントロールされた連続性のある
滑らかな動き、白鳥でありながら人間というバレエの代名詞のようなポーズ。
10~20代の若いバレリーナでは手に負えない奥深さです。

ルシア・ラカッラ オデットのヴァリアシオン

躍るのはスペイン出身のルシア・ラカッラ。
彼女は20代をフランスの鬼才ローラン・プチのミューズとして過ごし、有名な「カルメン」
や「失われた時を求めて」の名演で名を馳せました。新天地のサンフランシスコバレエに
渡ってから、「白鳥の湖」や「眠りの森の美女」といったクラシック中のクラシックに主演。
バレリーナの中でも群を抜くスタイルと彼女生来の現代的な個性を絶妙にブレンドさせて
今は満開の咲き誇るバラのようなクラシックバレリーナとして活躍中です。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。