<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バナナが品薄
最近のバナナの品薄。朝日新聞でも大きく報道されていました。
あるブロガーがブログ内でバナナを朝食に手軽に食べるダイエット方法を語っていて
密かにブームだったものが、9月中旬にTBSでテレビ放映されてから、一気にバナナの売り上げが
伸びて品薄状態を招いているようです。
バターの記事でも書いたようにここでも中国や中東の新興国とフィリピンバナナの取り合い状態。
フィリピンからすると新興国の方が魅力があるようで、日本は「買い負け状態」とも指摘されます。

それにしても、納豆ブームがテレビ番組の捏造データで一気にしぼんでからも、相変わらず
「お手軽ダイエット」を語れば一つの商品が異常に売れるという現象は変わりませんね。
寒天 → 納豆 →バナナ。次は何が来るんだろう。
これじゃ健全な食は絶対に育ちません。

私はこの手のブームに乗らない方なのでどうしても醒めた目で見てしまう。
だいぶ前にお世話になっているお取引先のバイヤーが、以前はみのもんたが昼の番組で
奨めたものを仕入れていたけど、次の日はもう飽きられて売れ残るので仕入れるのを
止めた。と仰っていたことがあります。

一時のブームで熱狂的に買い漁る消費者はそれで満足でしょう。。
でも増えすぎた受注に応えようと(稼ごうと、とも言い替え可能)莫大な資金を投入して
設備投資をした納豆会社などはブームが去っても機械を稼動させなければならず、
供給過剰になり、大豆価格は高騰しているのに値崩れ現象で深刻な経営状態の
会社もあると聞きます。私なら仮にヨーグルトやモッツァレラがマスコミの宣伝で
異常なブームになってもスタイルを崩してまで大量の受注には応えないと思います。
消費者、いえ人間の心は移ろいやすいから。品質低下は招きたくないところです。
冷静で、根拠があり、バランス感覚のある情報のみを信じています。

昔(というのが切ないが)私が女子大生~若きOLだった時代、かなり化粧に凝ったことが
ありました。その時のシャネルの売り場の担当者が

 「一人一人顔立ちも肌も違う。だからそれぞれ似合う口紅は違うはず。私は人気色だから
  奨めるという売り方はしたくない」と仰っていたことは今でも大切に思っています。

80年代から日本人の若い女性がヨーロッパの空港の免税店で特定の色の口紅だけを
買うのは密かに現地で軽侮されていました。サンローランの19番。
あの、どピンクを揃って買い漁ってる光景は
想像するだけで寒々しい思いがしたものです。

もしかして、ダイエットと聞くと特定の食品を買い漁る主婦の中には若い頃、人気と
いうだけで自分に似合うかを度外視して特定の色の口紅やヴィトンを買い漁っていた
女性も多いかも、とちょっと意地の悪い発想をしてしまいました。日本人的な行動原則
そのものだもの。
  
 私の今でも定番の口紅の一本がシャネルの36番。その担当者が色だけは白い
 私に奨めてくれたダークレッド。80年代から変わらずあるシャネルの定番です。
 20年以上も続く色なんてさすがにフランス


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

チーズ&ヨーグルト、さっき届きましたよ~♪
ありがとうございます。
今晩から早速いただきます。

バナナ・・・ばっかみたいですね。
私は健康オタクではありますが、テレビの情報は信用できないと思っています。
以前から氾濫していた、何がどれに良いという情報・・・どれも根拠が浅すぎ。
(被験者少なすぎ・実験期間短かすぎ・始めから結論ありきで、そこに結び付けようとして持っていき方が短絡すぎ、などの理由で。)
ゆずきさん
無事到着して何よりです。本当にありがとう7ございました。
赤ちゃんのささやかなプレゼントを同封させていただきまた。

今度はバナナかっ!ですね。確かに小さい子のおやつには重宝ですが。
今はきちんと料理をしない方も多く、「食事はバランス」という基礎的な
ことがわかってないのかもしれません。
私が中学生の頃「紅茶キノコ」なる奇妙なものが一時はやりました。
うちは気持ち悪くてカンベンだったんですが、友人の家でも母上が
はまっていました。でもほどなく効果がないと言われてブームが終わり。
私もあの経験もあり、ゆずきさんと同じくテレビ情報はあまり信用していません。
おっしゃるように初めから結論ありき、のスタンスですからね。
これじゃ偽装もはびこるだろうなあ。とため息です。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。