<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危険水域に突入
夫の母校である酪農学園が発行する「酪農ジャーナル」。
最新号の10月号は牛乳不足の現実を数字を挙げて示していました。

酪農家以外はピンとこない数字だと思いますが、後継牛の数も酪農危機=牛乳危機を
厳然と突きつけています。(数字は2008年7月現在)

    2~3才牛 25万1581頭
    1~2才牛 24万2728頭
    0~1才牛 23万7884頭

将来的な増産が不可能な事情がはっきりと示されています。
さらに衝撃的な数字は戦後初めて

 北海道の牛乳生産量  >  都道府県の牛乳生産量  となったこと。

都道府県で足りない牛乳は北海道から運んでいて、都道府県はと見れば既に九州は
関西方面に牛乳を移送することを中止しています。
北海道にはバターやチーズの製造の基幹工場があるため、これ以上都道府県に牛乳を
出すことは不可能です。バター不足はまた繰り返される懸念が現実化しています。
国際的に乳製品は逼迫状況ですので、輸入に頼ることも難しくなっています。

飼料など生産コストはかつてない高騰なのに、乳価が上がらないことで酪農家の廃業が
相次ぎ牛乳不足は囁かれてはいたものの客観的な数字を冷酷に突きつけられると
予想以上の酪農の崩壊という現実に言葉を失いました。
この記事を書いたジャーナリスト始め識者は、乳価も現実に柔軟に対応して決めるべきと
(つまり現状では値上げ)を強く提言しています。

本当はこの数字はスーパーなど量販店やメーカーこそきちんと理解して、現実を直視
していただきたいと思います。
近い将来、「牛乳」ではなく脱脂粉乳を混ぜた「乳飲料が」スーパーの牛乳売り場を席捲
する事態すら現実化しているように思います。かたくなに再値上げに拒否反応を示す
乳業メーカーはこの現実をどう考えておられるのか。

今まで、私はこのブログの「牛乳不足情報」のカテゴリで繰り返し「牛乳不足を懸念」という
表現を用いてきました。で今後ははっきりと「牛乳不足です」と書きます。
牛乳は不足するであろう、という噂は初夏を迎える頃から耳にしました。
でも現実の数字を目にして、自分の番号のない合格発表の掲示板の前に立っているような
言いようのない寂莫感を感じています。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

そこまで牛乳不足とは・・・乳製品が日本人の食生活にすっかり定着して消費も増えている=生産量も増えているという認識はなりたっていないんですね。殊、最近の物価高・原料高・燃料高の中では。

以前、阿蘇の牧場で牛を飼われているのをみて本当に手間のかかる仕事だと思ったことがあり、それくらいの値段になって当然だよな~それでも安いよな~って思ったことがあります。しかも材料高が値段に転嫁できない状況には悲しくなってきますね・・・

薄利多売で売り続けるスーパーや量販店やメーカー。時代は変わり、状況も変わり、安いことを商売の優位性としてきた売り手の意識が変わってくれればと願うばかりです。
ぱんだままさん
暖かい励ましをありがとうございます。
このデータを見るのまではここまでひどいと思っていませんでした。

私たちは牛乳を組合に出荷しています。その組合がいくつか集まった
連合会の代表がメーカーと価格交渉をしているのですが、
そのシステムはもう酪農家の利益を守れなくなっているようにも
思います。

私の母が若い頃は牛乳は高級品で簡単に若い女性が毎日
飲めなかったといいます。義父たちはその時代に酪農を始めました。
時々息子(主人)のことを「オレが勝手にやった酪農を継がせなかった
j法が良かったかな」と言っているのを聞くと切なくなります。
夫は牛もベーベ工房も大好きなのが救いですが。

御理解あるコメント、ありがとうございました。
農業こそ、頭脳が必要。
はじめてコメントします。
日本では、生乳が規定量の乳脂肪分などあれば、抜き取って、副産物として販売しても良いと言うルールがあり、せっかく、おいしい原乳を出荷しても、結局、加工乳としてしか、流通しないので、都会人は、しぼりたての生乳を飲むことはない訳です。
しゃびしゃびのパック生乳が、牛のお乳と信じているのですから。。
大体、生き物から出る乳が、毎日、均一濃度だなんて、ありえないでしょ。
単一農場生産ノンホモ飲んでると、その牧場の状態が、わかってきて、生きてる気になりますよね。
毎日、濃さが違うし。。

ペットボトルの水より安い牛乳ですから。。
ありえないですよね。喫茶店のように、その場で、飲む牛乳販売法が確立すれば、おいしい生乳が都会でも、味わえるかもしれないです。

北海道産生乳が、東京で市場に出るのに、4日かかってしまいます。もちろん、ノンホモだと、期限切れですよね。
りぼんさん
コメントありがとうございます。


日本では、生乳が規定量の乳脂肪分などあれば、抜き取って、
副産物として販売しても良いと言うルールがあり

これはバターやクリームのために必要なことなのです。
すべての人間がノンホモ牛乳を好むわけではありません。
私は脱脂粉乳オンリーの加工飲料には反対ですが多少クリームを
調整しての生乳は必要だと思います。

牛乳は非常に腐敗も早く衛生基準が厳しいです。
地域牛乳もそれをクリアして頑張って欲しいと思います。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。