<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企画提案書
ここ数日、先日記事にした老舗百貨店へのギフトご担当者へのお願いと企画の提案書を
書くことに取り組んでいます。
営業のための資料作りや仕様書作りは何度もありますが、こちらの企画を説明し、
かつ先方の事業計画に載せていただくための提案書を書くのは初めてです。
会社員時代にはやりましたが、それはあくまでも会社というバックがあってのこと。
すべてを自分でやるのは文字通り生まれて初めて。

先方のバイヤーさんが教えてくださった、限定○個という産直でのギフト。
私がどうしても手がけてみたいのが、この限定の産直ギフトです。
これは以前ある会社の仕事で経験したこと、そして現状では一番私たちらしさが
出せると思うからです。

先日、バイヤーさんに食品売り場をご案内していただきました。
そこで私が感じたのは

 ①若い女性や子供に向けた商品や売り場構成を大切にする姿勢

 ②そして百貨店自体のオリジナル商品を提供することを重視する姿勢  ということ。

この方針には私も共感できるし、ベーベ工房の製品のイメージを重ねることが可能、
言い替えるとバイヤーさんやお客様に喜んでいただけるものを作ることができるのでは
ないかと思ったのです。
実は、数ヶ月前から、このブログのリンク先「お取り寄せないグルメ」のイラストレーター、
ナカシさんにお願いしてヨーグルト用の新しいしおりのイラストを描いていただくプランを
練っていました。

それはイラストで牛のお乳を搾り→ヨーグルトとなるまで、を4枚くらいのイラストで
表現するというものです。文字による説明は最小限にして。
正方形の厚みのあるアイボリーの紙を使い、子供にも一目でわかって喜んでもらえるもの。
そのイラストを製品を入れるダンボールに使い、百貨店オリジナル用に作るということに
応用できないかと。

百貨店側のギフトに対する想い、利益など現実的にクリアすべきハードルは高いですが、
現実的なことを踏まえつつもこちらのギフトに対する想いが一致すればいいなと願っています。
それが「百貨店のオリジナリティ」として形になればいいなと。

私はたびたび書いていますが、特にギフトについてはパッケージは重要と思っています。
地域によっては地元の老舗百貨店の包装紙のものが尊ばれるとか。
そのくらい「見かけ」は中身と同じくらい、受け取る側にインパクトを与えるものです。
さすがに、今回チャレンジする百貨店はさらに先を行っているセンスで、百貨店の包装紙
以上に「ここでしか手に入らない」というセンスも加味ししておられます。

考えてみれば提案書はあと2日で仕上げなければ!ブログのお気楽な駄文と違って
神経を使うこと!でもこんな経験は激安スーパー相手には決してできない喜び。
スタートラインに立てた自分を(イタいけど)ちょっと褒めてやろう。
センスと美意識を何より誇りにする名門百貨店に、ささやかにチャレンジする私は
ほとんど受験生気分。受験勉強の末期、赤本片手に傾向と対策を練っていた高校生の
時を久々に思い出してしまった。「参考書」はしおりを集めたファイルやパッケージ関係の本。
果ては本棚にならんだ美術書まで総動員でございます。(^^)

夢を見過ぎず、夢を語ろう。こんな心境です。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

着々と・・・♪
こんばんは!
企画提案書に取り組んでいらっしゃる様子をこうしてブログで拝見していると、着実に新たな夢の実現に近づいていらっしゃるのを感じます♪
イラストをしおり→ダンボールへ使われるという発想も、
ギフトやパッケージに思い入れのある嶌村さんならでは!!
私も今回のイラスト内容は新たな挑戦になりますが、みなさんが納得のいく出来栄えにしたいと思います! 
まずは牛さん達の研究からですけど・・・。^-^

今回もご一緒させていただいて嬉しく思っています。
どうぞよろしくお願いいたします♪
ナカシさま
こんにちわ。いつも本当にお世話になっております。

ナカシさんに出会えて素敵なイラストを描いていただいて、
じぶんにの製品に対して少しは自信ができたように思います。
細やかでやさしいナカシさんだからこそ、私の思いをわかってくださる
部分は多いと感じています。

作り上げてゆく喜びを共有させていただき本当にありがとう。
今回のお仕事もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。