<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食のレベルを守ることも力(パワー)です
酪農の廃業が増え、かつ一般消費者もあいつぐ値上げで苦況という現在、異様な
乳製品売り場の光景を地元の大手系列のスーパーで目にしました。
そのスーパーは最近、PB商品を増やし安売り商品を一気に増やしました。
先週は、中小メーカーの牛乳を154円という廉価で大量に販売していたと思ったら、昨日は
同じ154円で低脂肪牛乳を大量に販売。他にもいくつかのメーカーの牛乳はあるものの
売り場の7割を占めるのが154円の低脂肪牛乳。

成分無調整牛乳を154円で売ることにも抵抗がありましたが、同じ154円なら低脂肪牛乳
でもいいだろうといわんばかりのセレクトにはあいた口が塞がりませんでした。
牛乳の本道はやはりメーカーはどこであれやはり成分無調整の普通の牛乳であるべきです。
特濃牛乳や低脂肪牛乳は、その基本の上で成り立つものだと思います。
少なくとも、低脂肪牛乳を大量において安売りしている光景を目にしたのは初めてです。
バイヤーの「低脂肪牛乳の方がヘルシー」という信条にも基づくものではなく、154円の価格
設定にしやすいから置いたとしか思えませんでした。

PB商品のヨーグルトを見れば、500ccのカップで99円。商品説明のPOPに誇らしげに
「スキムミルク(脱脂粉乳)で作りました」と大書してあるのを見て、思わず苦笑しました。
ヨーグルトなどは生乳100%に近いものほど高級とされているのがこの世界の常識です。
(ベーベ工房のヨーグルトは生乳100%です)
99円の売価なら生乳を使うことは不可能です。安売り商品を開発することが、あるいは
消費者のニーズに沿っているのかもしれませんが、最低限の食のレベルと文化は守った
上での商品の提案をして欲しい。食のレベルを下げて安売りすることが大手スーパーの「力」を
示すものでは決してないと思います。食のレベルを守りつつ、「普通の人でも安全でおいしい
ものが食べられる」ようにするのが、本当の「力」を示すことではないでしょうか。

良い製品を作る上でのバロメーターは原料で示すと
 醤油なら脱脂大豆ではなく丸大豆が原料のもの
 乳製品なら脱脂粉乳ではなく生乳が原料のもの
 ハムならでんぷんなどを混ぜず、肉を100%使用したもの

などです。もちろん添加物はゼロか最低限の使用にとどめたものです。

不況が深刻化して安売りPB商品が増えたとき、食の安全を守れる保証があるのでしょうか?

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
こんはんは。
ブログにも立ち寄って頂きありがとうございました。
記事を読ませていただきました。乳製品だけで無く、食の安全は消費者にとっては1番の関心事の筈です。が、値段に振り回されるのも現状でしょうか?
この記事を読んで、少し考えるものがありました。生産者の犠牲に立った消費では、やはり食の安全は守ることは出来ないでしょう。
でもそこが今一番難しいところなのでしょうね。
また遊びに来ます。
No title
物価が値上がりしている分、激安のお店やPB商品が注目されていますね。
品質を下げてまで安くしてくれなくても結構、と私は思うのですが、やはり目先の値段につられてしまうのでしょうか。
食材を選ぶのが益々難しい世の中になりそうです・・・

牛乳に関しては低温殺菌でノンホモゲナイズドが一番美味しいと思うので、飛騨牛乳さんで宅配してもらっています。
牛乳に限らず、大手メーカーの食品を選ぶことは少なくなりました。
かんびんさま
ご訪問ありがとうございます。
仰るとおり生産者も含め誰かが
犠牲になる「食」では安全も健全性も保てないと思います。
安売りPB商品の先鞭をつけたダイエーの崩壊の原因の一つが
「安かろう悪かろう」商売だったと思います。
安すぎるものは少なくとも子供に日常的には食べさせたくないと思っています。
ゆずきさま
こんにちわ。飛騨乳業さんもノンホモ牛乳を出しておられるのですね。
群馬にも東毛酪農がありますが宅配で手に
入らないので羨ましいです。私も大手のものを買うことは少なくなりました。
醤油は東京の郊外の小さな醸造元から取り寄せです。
ゆずきさんのしっかりした食の知識があればこそ、順調な経過なのでしょう。
私も妊娠した時食生活に気をつけていてよかったと思いました。
値段に惹かれるのは仕方がない面もありますが、それでも見る目だけはつけておくのが
後々まで健康に影響してくるように思っています。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。