<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お産は命がけのもの
昨日、帝王切開で患者を死亡させたとして、逮捕・起訴された産科医に対し、福島地裁が
無罪の判決を言い渡しました。
産科医療のこれ上の崩壊を防ぐためにも、妥当な判決でよかったと思います。

産科医に無罪判決

昔と違いお産は安全なものになりましたが、朝日新聞によると2006年にお産で亡くなった妊婦は
54人。予想していたよりずっと多い数字に驚きました。
お産の怖さは突然何があるかわからないこと、と言われます。
お産は現代でも命がけのものだと思います。

昨日の無産判決を受けて、多くの医師の「医師は患者の命を救うためにあらゆる手段でベスト
を尽くす。でも中にはどうしても及ばず不幸な転帰の患者もいる」という趣旨のメッセージを
発表していることが胸に重く響きました。

個人的な見解として、繰り返すようですが「お産は命がけのもの」「まず無事であること」を
これからお産する方には大切にして欲しいと願っています。
時々、医療の介入を受けず自宅で産む、助産院で産むことが良いお産だと熱狂的にブログ
などで語るかたがいますが、私はずっと疑問と危惧を抱いています。
自宅で出産した様子を写真とともに出版して、自宅出産を推奨している方もおられますが、
もしそれを安易に真似て不幸な転帰になった時、どのように思うのでしょうか。

牛のお産でも毎回、大変な神経を使います。
難産で夜中に獣医さんに来ていただくこともあります。帝王切開は稀ですが長時間の手術は
壮絶な光景です。不幸にも死産のこともあります。

新しい命が生まれること。それは大きな喜びですが、命の危険と医療の献身がその裏には
あると心に留めたいと思います。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。