<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バランシン
20世紀を代表する振付家ジョージ・バランシン(1904~1983)。
ロシア出身のグルジア人ですが、アメリカに渡りアメリカのバレエを作り上げた偉大な
振付家です。彼の作品はもはや古典というべきもので、各国のバレエ団が取り上げ
コンサートで上演する機会も多い名作が揃っています。

私は「白鳥の湖」「ジゼル」などの古典バレエを「歌舞伎バレエ」と密かに呼んでいます。
つまり踊りだけでなく目の表情、見栄を切ること、そのようなダンス以外の表現が
重要なバレエという意味です。
対して、バランシンのバレエは「音楽を踊るバレエ」。
踊り手に過剰な演技を許さず、純粋にダンスで音を表現します。
いかにも小粋で現代的な、しかしクラシックバレエの完璧な技術を持ってしか踊れないのが、
バランシンの作品です。実際バランシンバレエの優れた踊り手に共通するのが動きの
スピード感と並外れた音感、そして動きすべてにおけるセンスの良さです。

チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ

この「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」は代表作の一つ。コンサートなどで上演される機会の多い
作品です。動きの精緻さ、そこから醸しだされるなめらかで優雅な動き。
ドラマ性の強い古典バレエに特徴的なある種の毒々しさの全くない、ひたすら美を追った作品
だとおわかりだと思います。踊るのはもう引退した伝説のペア、アレッサンドラ・フェリと
フリオ・ボッカ。アメリカで活躍した二人だけにバランシンバレエの真髄を見せてくれます。

タランテラ

もう一つは私の大好きな「タランテラ」。ナポリの早いテンポの民族舞踊をバランシンは見事に
表現しています。若い男女のペアが高い技術を見せながらスピード感あふれるダンスを
見せてくれます。
この作品は高いテクニックを持つスター予備軍ともいうべきダンサーが踊ることが多いです。
ここで踊るのは若き日のウクライナのキエフバレエのフィリピエワとラトマンスキー。
知性的な、と言われるラトマンスキーのユーモア溢れるダンスが素晴らしい!
旧ソ連時代はバランシンを踊ることは禁止。バランシンを踊りたくて亡命した人も。


男性的なバレエを多く作ったベジャールに対し、バランシンは女性的な美を表現した作品を
多く残しました。
「バラはそこにあるだけで美しい」。バランシンがダンサーを教える時に言った言葉です。
バランシンバレエを表現した言葉です。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。