<<01  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これでいいのだ
8月2日、赤塚不二夫さんがこの世を去りました。ここ4年間は意識不明の状態で、その間に
夫人と前夫人も亡くなられていたと報道されました。
新聞は赤塚さんの死を一面で掲載。昭和の漫画の世界をリードした彼の死を悼みました。

私はまさしく昭和の人間で、小学校時代赤塚さんの漫画やテレビアニメで育った世代です。
当時の赤塚さんの漫画のキャラクターの人気は絶大で、子供用ふりかけのキャラは
「おそ松くん」。女の子向けの「ひみつのアッコちゃん」のお人形は大人気。
お菓子の懸賞の商品はニャロメ(私はこのおもちゃが当たりました)etc.......。。
書いていてもすごく懐かしい気持ちになります。

彼の作品も傑作ですが、赤塚さん自身がそれ以上に面白い存在でした。
酒と猫とジョークを愛して、彼がTVに出るだけで笑えました。
赤塚さんは二度結婚されていますが、奥様同士が仲がよく、お嬢さんも「二人の母」の
間を行き来していたようです。私は別れた女(又は妻)と友情を結べる男は男の中の男
だと思っているのですが、赤塚さんはまさしくある意味理想的な男です。
どうしようもない欠点があっても、才能があって可愛げがあって。

告別式では赤塚さんに才能を見出されたタモリが感動的な弔辞を読みました。
TVを見ながら弔辞なのに拍手しそうになりました。
関係者のインタビューも赤塚さんらしい生前のエピソードが満載。
映画監督の山本晋也さんが「赤塚さんの見舞いに集中治療室に行ったら、山本さん、あの
看護師さん可愛いから映画に使えるよと言われた」と答えていて、涙が出るほど笑いました。

タモリが弔辞で述べたように赤塚さんの存在そのものが「これでいいのだ」だったのだと
思います。彼はいろんなものを楽しんで価値を認めて人生を楽しんだ人なのでしょう。
だから離婚しても前妻とも友情があって。バカをやっても知性があって。
私はお笑いの世界の人間ではいかりや長介さん、植木等さん、そして赤塚不二夫さんが
大好きですが、もう三人とも亡くなられ昭和が終わったのだという寂しさを感じています。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。