<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シューマンの幻想曲ハ長調
ドイツのロマン派の大作曲家ロベルト・シューマンの幻想曲ハ長調。
この曲は後に妻となるクララと、彼の恩師でもあるクララの父の猛反対を押し切っての恋愛中
にクララに捧げる曲として作曲された名曲です。

私はシューマン独特の口ごもったような、そしてふうわりと紗のかかったような音で恋の
喜び、不安、ときめきなどをロマンティックにピアノで表現したこの曲が大好きで、
1977年に初めてこのマルタ・アルゲリッチの演奏で聞いて以来、折に触れて聞いている
ピアノ曲です。

シューマンとクララはこの曲の出版された1839年に晴れて結婚。8人の子供をもうけます。
「子供の情景」「交響的練習曲」などの名作の他、シューマンは娘たちのためにピアノ
連弾曲を書いたり、自らも優れた女流ピアニストだったクララとの幸せな家庭を持つことの
できた稀有な作曲家でした。

この幻想曲はクララを想って書かれ、大作曲家でお互いの才能を認め合ったリストに献呈
されました。リストからはのちに返礼として、これもまた傑作である「ピアノソナタロ短調」が
シューマンに捧げられたという挿話が残っています。

シューマン「幻想曲ハ長調」

この曲の標題にはシュレーゲルの四行詩が書かれています。

       鳴り響くあらゆる音を貫いて
       色様々な大地の夢の中に
       ひとつのかすかな調べが聞える
       密やかに耳を傾ける人のために

  シューマンによると「調べ」とはクララを指しているそうです。
  どこまでもロマンティックな曲です。

たまには、暑い夏の夜に甘い物思いはいかが?
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
初めまして こんにちは。

YouTubeの件で、ブログへコメントを頂きありがとうございました。
少しでもお役に立てたのが私としても嬉しく思います。

この幻想曲を聴かせてもらいましたが、恋愛として一連の流れを頭に思い描きながら聴くと、途中のもの悲しい雰囲気のところでは何があったのだろうと私の想像力も豊かになったりしました(笑)
ゆっくりとピアノ曲を聴くということもなかったのでベーベ工房さんのブログで良い時間を過ごたように思います。
ありがとうございました。

こだわりを持って酪農のお仕事をされているんですね。
この時期は暑さもさることながら、特に忙しい日々を過ごしておられるかと思いますが、お身体には気を付けてお仕事頑張ってくださいね。
はてぃさま
コメントありがとうございます。
ブログ初心者の私は、お友達がYOU TUBEの画像を貼っているのが羨ましかったです。
シューマンの幻想曲はどうしても
書きたくて「一聞にしかず」だと思うので、マニュアルを探していたのです
。はてぃさまのブログに出会えてやっと画像を使うことができ、本当に嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。