fc2ブログ
<<03  2024,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
アマデウス
1984年度のアカデミー賞8部門受賞の名作映画です。
モーツァルトの死を巡って、作曲家のサリエリの視点から天才を描いた作品です。
私にとって文句なくNO1の映画はこれです。
とにかく大作にありがちな大味さが全くなく、緻密な台本でアカデミー主演男優賞を
受賞したサリエリ役のF.マーリー・エイブラハムの名演技が圧巻の一言です。

この映画のテーマは一言で言えば「才能への嫉妬」でしょう。
なまじかなりのレベルの才能に恵まれたがゆえに、どんなに努力しても手の届かない天才
(モーツァルト)の才能を賞賛する立場にしか立てない秀才(サリエリ)の悲劇の話です。

この映画は名場面の宝庫ともいえる映画です。

特に映画の中盤。夫のモーツァルトを安定した収入の得られる宮廷作曲家にさせるべく
妻のコンスタンツェは既に宮廷作曲家になっていたサリエリの元を訪れます。
夫に内緒でオリジナルの楽譜を持って。
楽譜を見たサリエリは一点の書き直しもない、天上の美としか表現のしようがない
モーツァルトの楽譜を見て驚嘆します。
ここで流れるフルートとハープのための協奏曲などのモーツァルトの旋律の美しいこと!

さりげない場面ですが、モーツァルトが皇帝の前でサリエリの曲に即興で手をいれ
後に「フィガロの結婚」で使われる曲を弾くと、控えの間にいた神父たちも思わず
ぞろぞろと部屋を覗いて音楽に聞き惚れる場面。ここもモーツァルトの天才振りを
感じさせてくれて好きな場面です。

そして、吹き替えなしでピアノ演奏も指揮もこなしたモーツァルト役のトム・ハルスと
老けメークをして顔の表情と手の表情でサリエリの嫉妬、羨望、悲しみ、といった感情
全てを表現したF.マーリー・エイブラハム、二人の神懸り的な演技の素晴らしさ。
原作を訳した江守徹さんが演じたいと焦がれた役がサリエリ役です。
(舞台では松本幸四郎さんのサリエリ、江守さんのモーツァルトでした)
アル・パチーノもサリエリ役を熱望していたそうですが、有名すぎるということで却下
されたという逸話もあります。

ラスト。まだ35才という若さで死を迎えたモーツァルト。埋葬場所までは家族は付き添わず
貧民として無造作に墓に埋められてジ・エンド。
お墓がわからないことで妻のコンスタンツェを後世の人は非難しますが、これだけ神に
愛でられた才能の持ち主はそれだけで満足すべきでしょう。
 
この映画でのサリエリとモーツァルトの関係はフィクションです。
それでも何故、才能への嫉妬からサリエリがモーツァルトを殺したいとさえ思ったか
ずっと不思議に感じていました。

ふと思ったのはサリエリはモーツァルトの作り出す美の世界に狂おしい恋をしたのでは
ないかということ。その美神に微笑んでもらえばサリエリも救われたでしょうが、モーツァルト
のサリエリへの仕打ちは愚弄するだけ。
思いが激しかっただけ殺してやりたいほどの憎しみが芽生えたのでしょうか。
愛する男の安珍を蛇になって焼き殺した清姫のように。

映画は老いたサリエリが精神病院の中を車椅子で散歩する場面で終わります。
タイトルバックにモーツァルトのピアノ協奏曲ニ短調の2楽章の優美な旋律が被さって、
あの甲高いモーツァルトの笑い声と、サリエリの「私は凡庸なものたちの神だ」という
絶妙なセリフが余韻を残します。

やっぱり最高ですよ。アマデウス.......。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

はぁ~☆
アマデウス♪♪
素晴らしい映画ですよね(^-^*)/
無邪気で愛らしい奥さんとの華やかで陽気な暮しっぷりがとっても印象的です(笑
「ドォ~~ンジョバァァァ~ンニ~♪」など途中で挿入される歌劇も楽しかったです♪
後半、嫉妬のオニと化したサリエリに追い詰められていくアマデウスが可哀そうで、そちらも印象的でした!
もう一度みたくなってしまいました☆アマデウス☆
素敵なレヴューをありがとうございました!
吹き替えでも....
ともちんさん、こんばんわ。息子が風邪気味で休ませたら元気満々で、
こちらが参りました。(笑)
アマデウス、初めてテレビ放映されたのが86年。
サリエリ役の吹き替えは劇団四季の大御所、日下武士
さんでしたが、この吹き替えも良かったです。名画は
吹き替えでもGOOですね。
あのモーツァルトの笑い声.....。息子が真似して笑えます。
私もともちんさんのようにYOU TUBEコンサートを
ひっそりと一人で楽しんでます。これぞ主婦のお楽しみ
ですわ。(笑)
またまた
息子クン風邪気味だったのですか(泣
お大事になさってくださいねっ!・・・でも元気満々だったみたいでヨカッタヨカッタ♪
けいママおつかれさまでしたぁ!
youtube見まくってストレス解消しましょうねっ
怒涛の週末
ともちんさんこんにちわ。YOU TUBEってスポーツもバレエも音楽もけっこう
コアな映像がありますよね。でも世界バレエフェスティバルな明らかに客席から
とった映像があると、なんか嬉しい反面見てはいけないものを見たような.....。
息子は保育園に行ってくれました。また土日は保育園は
休みなので(爆)怒涛の週末になりそうです。
ともちんさんの「つけっぱなし男」に座布団四枚!
早速、この言葉主人へのお小言に使わせていただきますわ。(笑)
こんにちは。リンク入れさせていただきました。ありがとうございます。アマデウス、私も、何回も見ました。ホント、いいですよね。曲が、頭に流れてきます…。
懐かしくなりました。また、見たいな。
みたらしさん
こんにちわ。コメントありがとうございます。
私もリンクさせていただきました。
あのモーツァルトの笑い声を息子が真似するんですが、
笑えて.......。(笑)
私もみたらしさんのブログに遊びに行かせていただきます。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる