<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モッツァレラチーズとカプレーゼ
もうすぐ本格的な夏がやってきます。チーズ作りは工房内の温度が40度以上になり
大変な季節がやってきます。
その苦労が報われるのはお客様の「おいしかった」の一言です。
夏は牛乳の脂肪分が低くなり、チーズの歩留まりが悪くなりますが、数を欲張らずおいしい
チーズをお届けできるように努力したいと思います。

ところで、夏のモッツァレラチーズのお薦めレシピは何といってもカプレーゼ。
イタリア料理の前菜でおなじみのトマトとバジルの葉をモツツァレラチーズと合わせて
オリーヴオイルと塩、黒胡椒をかけていただくレシピです。

カプレーゼのおいしさの決め手は何といっても中身がジューシーなモッツァレラですが、
最後に一振りする黒胡椒もおいしさを決めるポイントです。

最近は一年中手に入るようになったトマトですが、やはり旬は夏。
露地栽培の完熟トマトのおいしさは味が濃く、甘さもあってモッツァレラと本当に合います。

ところでカプレーゼはイタリアの国旗の色のサラダといわれます。
モッツァレラの白、トマトの赤、バジルの緑。
バジルはもし手に入らない場合、青じその葉を細かく刻んだものでも十分代用できますし
バジルとは違ったジャパニーズテイストのおいしさがあります。

おいしいトマトに負けないモッツァレラをお届けできるように頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

モッツァレラチーズとカプレーゼ

美味しいですね

いただきたいです、
ryuji_s1さま
はじめまして。コメントありがとうございます。実は
ryuujiさまのサイトは時々拝見させていただいておりました。どれもが本格的で
おいしそうなレシピ!
食材への造詣も素晴らしく尊敬しています。
どれからもよろしくお願いいたします。コメントを
いただき本当にありがとうございました。
けい さん
ご訪問 うれしいコメント有り難うございます
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。