<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電気代500円生活。私には無理です。(笑)
東京新聞に7月1日に掲載された記事で、ネットでもこの主婦のことはちょっとした
話題になっています。

わが家は電気代500円
「節電で月の電気代は五百円程度」という主婦の投稿が、五月末の本紙発言欄に載った。
どうすればそんな生活ができるのか。東京郊外に住む読者を訪ね、さまざまな工夫を
重ねた暮らしぶりを見せてもらった。 (竹上順子)

 東京駅から電車を乗り継いで約一時間半の東京都あきる野市。JR武蔵五日市駅から
徒歩十分の住宅地に「発想変え無理せず節電」の投稿を寄せた主婦、東奏子
(あずまかなこ)さん(32)の一家が暮らす築五十年の木造二階建てがあった。
(中略) 見せてもらった今年四月の領収金額は、基本料金二百七十三円込みで
五百十二円とあった。東京電力との契約アンペアは、最も少ない十アンペアだ。

会社員の夫(37)と長女(5つ)、長男(2つ)の四人暮らし。以前から節電に
取り組み、東日本大震災後の昨年五月には、読者の工夫を紹介する本紙暮らし面にも
登場してくれた。長男が布おむつを使わなくなった昨春から、洗濯機を使っていない。
当時から電気代は月約二千円と少なかったが、さらにパワーアップした。
 「冷蔵庫を使わなくなったのが大きい」と東さん。昨年十月に冷蔵庫を被災地支援で
送って以来、月五百円台に落ちている。冷蔵庫と洗濯機なしの生活は、何やら特殊な
感じもするが、「ちょっと昔の暮らし方と同じ。慣れれば大丈夫。夫もそう言っています」。
 東さんは「冬は家の中も寒く、お肉もお魚も傷みませんでした」と笑う。
暑い日には、野菜を水に漬けて冷やして置いたりもする。肉や魚は買ったらすぐに調理するか
塩こうじなどに漬け、夕方には調理している。

 食材は、近所の商店やスーパーで二~三日に一回程度買うほか、近くに借りた約六十坪の家庭菜園で旬の野菜が取れる。敷地面積約六十坪の自宅の庭で二羽のウコッケイを飼っていて、その卵や近所の人のおすそ分けの野菜も食卓を彩る。「最近は使い切れる量が分かり、買い過ぎや、忘れて傷ませることもなくなりました」
ご飯は毎晩、翌日の昼の分まで鍋で炊き、おひつで保存。暑いときは酢を入れて炊く。
心配なときは、チャーハンにするなど火を通す。野菜が残ったら、漬物や天日干しに。
 洗濯は、風呂の残り湯をたらいに入れて手洗い。固形せっけんを使っている。
 掃除は、ほうきと雑巾。テレビは箱に入れて押し入れにしまい、夫が見るときだけ出す。
パソコンは使うときだけコンセントにつなぎ、電話も夜はコンセントから抜く。
夜間の電力使用はゼロだ。 照明は、食事をする部屋と台所、風呂にLED電球と蛍光灯があるだけ。
家事は日があるうちに済ませ、子どもたちは午後七時には就寝。夜は、太陽光で充電した
ソーラーランタンを使う。 昨冬は炭火の掘りごたつで家族だんらん。夏は毎年、部屋の
ふすまを外して風通しを良くし、ヘチマなどの「緑のカーテン」で遮熱。暑い夜、夫は扇風機を一時間ほど使うが、東さんたちは「布団にござを敷き、水枕を使えば快適です」。(中略) 
(東京新聞・2012年7月1日 朝刊)


私にはとても無理。まず搾った牛乳をためておくバルククーラーそして業務用冷蔵庫。
これがなければ生計が立てられません。

この方は自然育児では以前からちょっと有名な方のようです。

私はいつもの持論ですが、こういう生活をひっそりと個人でやっている分には何も
思いませんが、記事にもあるように新聞に投稿し、節電のちょっと目先の変わった情報に
飢えている記者が飛びついて特集して何となく、こういう生活が正しいかのように啓蒙
活動をするという図式は好きではありません。

子供たちを夜7時には寝かせます。テレビは見ません。(笑)まだ就学前のお子さんだから
いいですが小学校に入ったらお勉強どうするんでしょう?小学生といえど我が家ではたまに
NHKの報道番組を見て親子で会話をしたり、まともな映画のDVDを何日かにわけて
夕食後親子で鑑賞したり、教育にも電気は必要な気がします。

ご本人のブログを見たらある意味想像通りの方でした。徹底した母乳育児と麻疹も含め
一切予防接種は受けさせません。そして小さい子とはいえ(最近警察も児童ポルノに
転載されないように注意喚起をしている)お子さん方の素っ裸の写真の数々。
節電で暑い時はお子さんは裸がいいということなのでしょうが裸の写真を発信
するのはどうもなあ。

繰り返しますが、私はこの手の「人と違った正しい生活をしている」とそれを
メディアに投稿して価値観を広めようとする人間も、広い視野で見ようとせずただ
一点だけからの視点だけで人と違った生活をする人間をほめそやしてさりげに啓蒙
活動をするメディアの姿勢にも疑問を感じます。

私は電気代500円生活はできません。私がやっている節電は無駄なコンセントを抜き
去年からポットをやめたとかそのくらいですが。それでもだいぶ節電になっています。
これ以上はとても無理です。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
500円は1人暮らしの私でもありえません。

ブログに電気代をかけるのなら
もっと他のことに使えばいいのに・・・・
と思うのは私だけでしょうか?
Ri~naさん
こうなるともう宗教ですよ。(笑)予想通り自宅出産の
方でもありました。噂ではご主人は充電は会社で
携帯電話などやっているそうです。本当に他の事で
大切なことってありますよね。こういう生活を善として
強いるようなマスコミの取り上げは一考していただきたいと
切に思います。
プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。