<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラストファイブイヤーズ
今までそれほど多くのミュージカルを観たわけではありませんが
豪華な大型の作品よりオフ・ブロードウェイの珠玉の作品というべき
ミニマムな作品が好きです。(大学時代の一般教養の英語の教科書にあった
印象的な戯曲の影響も大)

最近英語版のCDを買ってその優れたナンバーに心打たれたのが2002年に
オフ・ブロードウェイで初演された「ラストファイブイヤーズ」です。
日本版は2005年 2007年 2010年にかの山本耕史さんがジェイミー役を演じ
高く評価されています。公式サイトからあらすじを紹介しますと

珠玉のナンバーで描かれる愛し合う二人の"5年間"
男は恋に落ちた瞬間から別れまでを辿り、女は愛の終わりから幸福な
恋人時代まで遡る。
異なる2つの時間軸が描き出す、見るものは二人の結末を知っている。
全編、歌で綴られた切ないラブストーリー。

というもので二人芝居で全編14曲の歌で主人公の男女二人が5年間に出会い
恋をして結婚しそして離婚するまでを描いています。
この作品の特徴はその5年の月日を男は出会いから別れを時間軸に演じ女は
逆に別れから出会いまでを遡って演じることです。二人の時間が交差するのは
結婚式の場面だけ。

小説家として認められていくジェイミーと女優としてなかなか芽の出ないキャサリン。
お互いを認めて欲しい、支えて欲しい、賞賛して欲しい、自分の成功を相手にも
喜んで欲しい。そんなどの恋人や夫婦も共有する思いが二人の関係のバックにあり
等身大の素敵なラブストーリーだと思います。私はいわゆる道行き(心中)ものの
ようないかにもの恋物語よりこういうささやかなストーリーが好き。



そのナンバーも優れた歌唱力を要求する素晴らしいナンバーですが
特に素敵なのがラストナンバーGoodbye Until Tomorrow
I Could Never Rescue You で離婚を決意して荷物をまとめて
出てゆくジェイミーと、恋の初めのときめきの中「明日までさよなら」と
歌うキャサリンのそれぞれのGoodbye が交差します。

ささやかなといえばささやかな作品ですが最近の私は豪華なオペラや
バレエフェスティバルよりこういう人の心の機微に触れる作品が好きです。
ドン・キの片手リフトも32回転のフェッテも当分もういいや。(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。