<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大停電の夜
昨夜の夜八時前から約一時間、私の住む地域はいきなりの停電となりました。
ちょうど主人は搾乳がもう少しで終わるところで、私と息子は夕食を食べ終わり
デザートのオレンジを食べながらテレビを見ていたところでした。

搾乳も牛乳の貯蔵も電気がなければできません。
すぐに復旧すると思ったのですが、10分....20分と真っ暗なまま時間が
過ぎてゆきます。やっと電話が繋がって東京電力に聞いたらだいぶ復旧が進んだ
けれど私の家も含む4つの地区の約400軒がまだ停電中とのことでした。
それから約30分、停電が始まって約1時間後にようやく復旧しました。
すぐに搾乳を再開し仕事がすべて終わったのは夜の10時でした。

去年の計画停電も辛かったですが、いきなりの停電も非常に困りました。
東京電力の緊急車両が何台も赤いランプをつけてサイレンを鳴らしながら
走る音が不気味でした。

安易に原発の再稼動と言うつもりはありませんが、やはり電力なくして生活は
成立しません。一般家庭ももちろんですが、私たち酪農家は電力なくして搾乳すら
できなくなります。需給の状況によっては安全が一応確認された原発の再稼動は特に
冷房の必要な真夏は仕方がないとも思います。

思いもかけぬ長時間の停電でしたが一つ嬉しかったのが息子が私以上に
冷静で的確な行動をしてくれたこと。それも至って明るい表情で。
息子は自分の小さな懐中電灯をすぐに持ってきてくれて、寝室の方が停電ではない
市内の明りが遠くに見えるので明るいからと布団を敷いてくれ、停電が長引きそうな
様相になった時は仕事ができない状態のパパに夕食を持っていったほうがいいと指示
を私に出し、実に冷静にそして子供らしい好奇心を発揮して私たち両親を支えてくれました。

変電所の事故ではないアクシデントによる停電だそうですがこれだけの時間の停電。
東電はきちんと理由を説明して欲しいものです。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。