<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
価値観の変容
昨日のこの輸入米のニュースには米を生産しているわけではありませんが
生産者というより日本人として重苦しい気分になってしまいました。


福島原発事故の影響で国産米の取引価格が高止まりしているのを受け割安な輸入米の
人気が高まっている。大手スーパーの西友が中国産米販売を始めたほか牛丼チェーンの
松屋フーズも豪州産を試験導入。政府が輸入した主食用米の入札は2年ぶりに全量が
落札された。国産米の高止まりが続けば、輸入枠拡大を求める声が強まる可能性があり
政府が交渉参加を表明している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関する
議論にも影響を与えそうだ。    (フジサンケイビジネスより)

西友は安売りスーパーだから安けりゃなんでも売るさと言えばそうですが
ロイヤルホストなどの外食チェーンも国内産の米の価格によっては輸入米も
という意向だそうですし、原発事故の影響は国内の農業の根本的な部分にまで
深刻な価値観の変容を与えているように感じます。

私たちの製品は幸いそこまでの価値観の変容の影響を受けていないと思いますが
原発事故以来、農業生産~消費のシステムの中で今まで最高の価値があるとされて
いたものが、今では危険だとすら貶められている風潮には心かついていかない
こともあります。特に

 地産地消 身土不二 生産者の直売 腐葉土などを使った有機農法

などに取組んでいる関東以北の農家の苦しさは今まで支えてくれていた
人一倍安全にこだわる消費者が軒並み西日本や輸入物にシフトしてその
苦しみは想像を絶するものがあると思います。

酪農も今までは自家生産した飼料の割合が高いほど良い酪農家と特に
オーガニック系市場ではもてはやされていましたが、我が家ですらいくら
牧草を検査に出して問題のない数値でも、自家産の牧草については育成牛に
のみ給与して搾乳牛には米国や豪州からの輸入乾草を与えています。
営業用の資料に「搾乳牛には輸入乾草を与えていますので安心です」
なんて書く日が来るなんて想像もしていませんでした。

消費者は気軽に「東日本のものは危ないから西日本や北海道や外国産の
ものを買えば安心だわ」で済むのでしょうがこれまで土壌管理や農薬の
ことなど人一倍神経を使い安全な食物を作ってきた生産者ほど、価値観の
変容で苦しむことにはどうしても割り切れない思いが拭えないでいます。

中国産の米や野菜も最近は抵抗なく受止められているようです。
あの毒餃子事件や相次いだ残留農薬事件の過去があっても、です。
食の安全で気にする項目に流行があってもいいとは私は思わないのですが。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。