<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボツリヌス菌食中毒
ボツリヌス菌が原因の重篤な食中毒が発生したと厚生労働省が発表しました。
国内では5年ぶりの発生だそうです。


厚生労働省は26日、鳥取県米子市の60代の夫婦が食中毒とみられる症状で入院し
一時意識不明の重体になったと発表した。自宅に残っていたうどん入り食品「
あずきばっとう」から毒性の強いボツリヌス菌が検出され、製造した岩手県宮古市の
「ハニー食品」は、あずきを含む自社製品の自主回収を始めた。厚労省によると
夫婦は24日未明に病院に搬送された。しびれや言語不明瞭などの症状があり
重体は脱したが、現在も意識不明の状態が続いている。
 あずきばっとうは、ぜんざいの餅の代わりにうどんが入った食品。
岩手県が確認した範囲では、主に県内に流通しているという。

           (時事通信より) 


ボツリヌス菌の毒素は青酸カリ以上に強力で1980年代に熊本の真空パックの
辛子レンコンでボツリヌス菌による食中毒が発生し11人の死者が出たことは
今も生々しく記憶にあります。

今回の中毒を発生させてしまった岩手の会社の検証や原因究明はしっかり
なされるつもりですが、一部ネットでの書き込みのように被災地支援が
こんなことがあれば出来ないとか、被災地の会社は不衛生だとか根拠のない
流言飛語は厳に慎むべきだと思います。

ボツリヌス菌は真空パックにしても死滅しませんが、ボツリヌス菌の毒素自体は
100℃で1~2分の加熱で死滅しますので対策は立てられると思います。
今回の中毒の原因が科学的かつ冷静に報道されることを切に望みます。

追記

ボツリヌス菌ほどの猛毒ではなくとも特に食品製造に従事していると人一倍
食中毒を出さないことは当然ですし、自分がノロウイルスなどにも感染しないよう
気をつけています。特に冬場のノロウイルスが流行している時期は我が家では残念
ですが、刺身など生ものは食べませんし大好きな牡蠣も外食では加熱した料理は
食べますが、家のキッチンで生牡蠣を調理することは避けています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。