<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平時子という女性
最初は息子に付き合ってしぶしぶ観ていたNHK大河ドラマ「平清盛」ですが
最近は俄然面白くなってつい引き込まれています。

ドラマはフィクション部分も多いですが、昨日の妻に死なれた清盛が
同門の深田恭子さん扮する時子を後妻に迎えた場面では後の歴史上で
時子が果たした役割を思うにつけしみじみした癌動がありました。

平時子は出家後の二位尼(にいのあま)の呼称と建礼門院(平徳子)の母そして
安徳天皇の祖母として有名ですが、何より聡明で気丈な女性で清盛の栄達を
二人三脚で支え、さらに清盛亡き後は壇ノ浦で平家一門が滅びるまで平家の
大黒柱を担った日本史上有数の女性だと思います。永井路子さんの詳細な資料を
用いての小説などを読んでも、清盛の空前絶後の栄光をただお飾り妻でなく
支えたのは妻の時子です。

時子の不運は大きな時代の流れで仕方がなかったこととは言え、子供たちが
夫の清盛や自分に遠く及ばない凡庸な人間だったことでしょう。
長男の宗盛は大事な切所で例えば後白河法皇に見事に逃げられたり失策を
重ねて平家を実質的に滅亡させ、あげくに壇ノ浦でも死に切れず捕虜になり
一門の平滋子の産んだ高倉天皇の后になった徳子(建礼門院)もまるきり
朝廷と平家を結ぶ役割を果たせない器量のない娘でした。
壇ノ浦の敗戦が決まったとき、母親の徳子に安徳天皇をまかせておけないと
悟った時子は三種の神器を身に付け、幼帝を抱いて「海の底の都へ」と入水して
見事に平家の栄光の幕を引きました。

深キョンの可憐な演技を見ているとあの頼もしい平家一門のおっ母さんにも
こんな初々しい時代があったのねえとつい虚実おりまぜた空想をするのでした。
平安時代は后も含め実は貴族の妻の役割は大きいものがありました。
妻は子供を産めばいいという存在になったのは実は江戸時代以降それも
将軍家の大奥や大名家に限るとも言われています。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。