<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資質を見極める
昨日、息子が年に一度発行される学校文集を持ち帰りました。一年生~六年生全員の
作文と記録会や大会での入賞者の一覧などで構成されています。

私が特に興味があったのが今年の卒業生で群馬の中学入試の最難関と言われる
県立の中高一貫校に合格した男子児童でした。
この子はスポーツも抜群で性格もやさしく息子もいつもやさしく声をかけて
もらって大好きな先輩でしたが、とにかく表彰歴も圧巻で作文もさすがに
一貫校対応塾で鍛えられていて、まるで法学部の一年生の専門科目の
記述のような(!)まとまりの良さで唸ったものでした。

教育(ごたいそうなものではなく自分の子供の学習を見るという意味ですが)
は子供を通じ、当の子供自身だけでなく過去の自分や親の資質や性格に
向き合う作業だと感じることがあるのですが、昨日のこの卒業生の作文や
見事な記録を見て感じたのはまさにそのことでした。

親ばか抜きに見てももうすぐ二年になる息子は勉強はできます。算数の
応用や図形の感覚は相当なものですし、学習面はある程度の素質はあります。
でも運動は中の上ですし、字も上手くありませんし決して万能選手では
ありません。考えてみれば私自身小学校以来表彰状をいただいたのは
作文だけで得意科目も文系だけでオールラウンドとは程遠かったので
息子が万能タイプでなくとも決してあせりや羨望はありません。
中高一貫校が難関化しているとは聞きましたが、改めて合格した身近な
お子さんを見ると、小学生である程度万能タイプのどちらかと言えば
早熟なタイプの生徒を求めていることを感じました。やっぱり息子自身も
志望しているし県内のミッションスクール受験を目標にします。

早熟と書きましたが、私も女子には珍しい晩成タイプだったと思います。
私の父も牧師の祖父も絵に描いたような晩成型で万能タイプではありません。
身内自慢と取らないでいただければと思いますが戦前の旧制の一中から
戦前最高のエリート校の海軍兵学校に進学したといえば父親はものすごい
秀才と思われるようですが、祖母たちの話によれば子供時代は内気で不器用。
旧制中学では今で言うバンド少年でようやく五年生で進路を決めたという晩生で
競争馬なら同期がダービーの日にようやく初勝利を挙げたような子供だったそうです。

私が若い母親なら、あるいは息子や過去の自分の資質や気質を見極めず
ひたすら塾で一貫校用の作文指導を受けてでも群馬で最高の中学の評判を
取るこの県立の一貫校を狙わせるかもしれませんが、50才近くになると
子供の三十年、四十年後に必要な教養まで何となくわかってきます。
子ども自身の資質や気質を見極め、遺伝的特質も含めて自分の子供時代の
ことを謙虚に見つめて息子の将来のことは考えてやりたいと思います。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。