<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乳児用大豆ミルクについて思うこと
去年秋、震災直後の工場の空気に放射能が含まれていたことが原因で明治乳業の
フォローアップミルク(離乳食開始後の粉ミルクで新生児用の粉ミルクとは成分が
違うもので、離乳食の進みが順調な子であれば与えなくても可)
から基準値内ですがセシウムが検出されたということで大騒ぎになりました。

それ以来、特にオーガニックショップのHPなどで推奨されているのが大豆ミルクです。
これは大豆から作られた乳幼児用のミルクで牛乳や母乳がアレルギーのため飲めない
赤ちゃん用に作られているものです。あくまで代替品です。

私たちがお世話になっているショップの社長も去年夏に赤ちゃんが誕生して
関心が強いらしくHPで放射能のリスクを考えたら一般の粉ミルクより
大豆ミルクがはるかに安全でお勧めですと書いておられました。

でも、どうなのでしょうか?母乳(但し放射性物質が含まれない安全なもの)でなく
うちの息子のように100%粉ミルクで育つ赤ちゃんにアレルギーもないのに大豆ミルク
のみを与えるということのリスクはないのでしょうか?
おそらくアレルギーでもないのに大豆ミルクのみを新生児期から与えることを
推奨する小児科医はいないと思います。

私はショップのサイトを見て多少疑問は感じていましたが、赤ちゃんが問題なく育つなら
意見を書くことは控えたいと思っていました。ところが久々にショップのサイトを
見たら生後半年以上経ったお子さんの写真と近況が掲載されていましたが、書かれている
お子さんの体重は遥かに成長曲線を下回っていました。(日記にまだ体重6キロとあるので
多少気になっているのかもしれません)このお子さんは満期産で平均の体重で誕生しています。
母乳にこだわり、さらに足りなければ大豆ミルクという結果がある種の成長の悪さの
原因となっているように感じました。

放射能に過敏な親の中には、放射能の面からだけ子供のことを考えてしまい
時に荒唐無稽な(と私は思う)食生活や子育てをされている方も多いようですが
あまりに子育ての常識を外れた方法は結局子供の発育上のリスクを招きかねないので
もし粉ミルクが不安なら、きちんとメーカーに問い合わせて検査結果を教えてもらう
とか、小児科医に大豆ミルクをアレルギーでもないのに粉ミルクのに変えて与えること
のリスクは聞くべきだと思います。あまりに普通に生れたお子さんが発育曲線を下回って
いくことはただ小柄だけではすまず知能にも影響してくるリスクもありますから。

放射能に敏感になりすぎて、首都圏在住なのにもうすぐ中学三年の子供を
連れて未知の土地に転職先もみつからないまま引っ越すことを嬉々として
ブログに書いている親にも同じような疑問を感じます。

微量以下の放射能リスクを重視しすぎて視野狭窄になり肝心の子供の
将来に深刻な影響を及ぼすような結果にならないか一度親として冷静に利益衡量
することも大切ではないか、と小学生を持つ母として強く願います。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けい

Author:けい
①群馬県でホルスタイン50頭、ジャージー牛5頭を飼養する家族経営の酪農家マダムです。

②1998年からベーベ工房というブランドでヨーグルトとモッツァレラチーズ及びリコッタチーズをハンドメイドで製造しています。安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条としています。

③土作り、飼料作り~製品作りまで一貫して製造しています。

ベーベ工房も13周年を迎える事ができました。牛のこと、チーズのことなど日々のささやかな出来事を綴っていきたいと思っています。

ブログのスタンスですが、酪農とチーズのこと以外の、管理人の
趣味のことも書いてあります。なお記事の無断転載やコピーなどは
ご遠慮くださいますようお願い致します。

製品に関するお問い合わせは以下のアドレスにお願いします。

ベーベ工房のアドレス

メールフォーム

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。